ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

3両目の不思議

忙しい合間をぬっての小倉出張。

時間もギリギリで、新幹線『のぞみ』に飛び乗った。

『のぞみ』の自由席は1両目から3両目までと決まっていて
ホーム中央から一番遠い車両になっている。

『のぞみ』を自由席で乗るのだから、
指定席で乗る人よりもっともっと歩きなさい!苦労しなさい!
という事なのだろう。

…で、時間もせまっていて自由席に飛び乗るということは
1両目は一番ケツになるわけだから、必然的に3両目になる。


この3両目がくせものだった。


喫煙車両だったのだ。


せまい車両にこもった紫煙の匂いほど臭くて息苦しいものはない。

車両を変わればよかったのだが、小倉までの15分我慢すれば…という気持と
窓際に座ったので隣のおじさんに謝って移動するのもめんどくさかった。

たばこをやめて1年と半年。
やたら匂いに敏感になってしまって特にかつて吸っていたたばこの煙の
充満にはちょっと参ってしまう。

世の中、分煙が進みまくっていて愛煙家は肩身の狭い思いをし
まるでガラスの檻のような喫煙所でたばこを吸わされている。

街でも場所によっては、たばこを吸う事はゆるされない。

そんな御時世なのにJRは喫煙車両を3号車にしている。

たばこを吸わない人は、もっとホームから遠い1号車両か2号車両に乗りなさい
ってことだ。

その事に関して目くじらをたてるつもりはないが
はたと気づいて、JRはなぜそのようにしているのか
逆に興味を持ってしまった。

f0077493_16574767.jpg



その理由がわかる方いらっしゃいませんか?



こちらの社内は禁煙ではありませんガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-10-11 16:54 | 気になったこと
<< 風邪をひくまえに 会社設立記念日 >>