ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

ノロ・ウィルスの猛威

「ノロという名前はやめた方がいいんじゃないでしょうか?」

ワイドショーのキャスターは、そんな言い回しで
感染スピードの早い病気を表現していました。

けっしてノロくない、というわけです。


先週日曜日からお腹の調子がよろしくなく
腹痛と下痢が続いていました。

『こっこれは、まさか!!』と
不安に思ったのですが、その症状は今は治まり、
たんなる食べ過ぎか何かにあたっただけでした…



猛威をふるっているノロ・ウィルスの被害は
しょせんニュースの世界かと思っていたら……


違いました。


僕の友人の小学生の子供が、吐き気と下痢をくり返し
ここ10日間ほど入院していて
食べ物をまったく口にすることができずに
点滴でしのいでいるそうです。

そして病院はパニック映画のように、
待ち合い室から廊下からあちこちで点滴をうけている患者で
埋め尽くされている…とも言っていました。


お昼の弁当を購入している、
食にうるさい八百屋のおばさんも
こうおっしゃっていました。

『二枚貝には気をつけんしゃい。
いまから忘年会やらで居酒屋メニューを
食べる機会が増えるやろうけど
居酒屋が扱っとう養殖の貝に火を通すと身が固くなって
まずいけん、お店は火を通そうとせんけんね!
貝はがまんするか、揚げて下さいって言うか
どっちかやね!』


さすがに今の時期、生の貝を食べる勇気はありませんが
緊迫感のあるおばさんのお話にあらためて注意せねば!と思うのでした。





みなさんも正しい知識で予防対策してください。
けっして他人事ではありません。
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-12-19 20:58 | 気になったこと
<< 校報誌のデザイン 焼あごの匂い >>