ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

釜あげうどん

10年以上も前の話、出張で宮崎に行った時
大淀川沿いに並ぶ観光ホテル群の裏手にある
有名な釜あげうどんのお店に行ったことがあります。

長島茂雄氏が好んで立ち寄ったというそのお店は
お世辞にもきれいな店とは言い難く、
それでも来客が後をたたない超繁盛店でした。

その時食べた釜あげうどんの味がずっと頭の片隅に
残っていて、されどそれ以来釜あげうどんを食べる機会もなく
今に至っていました。


…で、なんと!会社のほんの50メートル先に、
釜あげうどんの店がオープンしていまして、
しかし店の構えから居酒屋か割烹料理屋かなんかと勘違いしてて
今までまったく気付きませんでした。

釜あげうどんの店と知って、さっそく入ってみたのですが
人のいい素朴なおばさん3人で切り盛りしているその店の
釜あげうどんは、かつて僕が宮崎で食べた忘れられないあの味に
なんとなく似ているような美味しさ。

おばさんに聞いてみると、なんと宮崎のその店と何度も交渉を重ね、
宮崎県以外で出店するならば味を伝授すると言われ
警固に出店したそうです。
どおりで!とひとり納得していたのですが、
味自体は改良されており本家とは若干違うそうです。

f0077493_2142834.jpg


今や宮崎フィーバーは衰えることなく、
コンビニにおいても宮崎フェアを開催するなどの過熱ぶり。

ただ、この店は同じ『宮崎』の釜あげうどんの店なのに
昼飯どきを外しているとはいえちょっと寂しい客の入り。
…というか、僕1人のみ。


『今、チラシをつくっててこの店を知ってもらうために
配ろうかと思っている』という話を聞き
余計なお世話かと思いつつも、

『それと同時に地元情報誌に積極的に取材してもらったほうがいい』
『店がまえをもっと【宮崎】と【釜あげうどん】をアピールする工夫を
したほうがいい』
『サブメニューにチキン南蛮とか宮崎色が出るものを…』

などなど助言させていただきました。

宮崎ブランドは今や追い風状態にあるわけですから
この時期を逃さず積極的にアピールすれば
もっと繁盛すると思うのですが…。

そんな話をしているとコーヒー1杯サービスしていただいたりして、
ほんと飾り気のないアットホームで素朴なお店。

しかも釜あげうどんがおいしい【博多とわ屋】なのでした。

場所は天神方面から警固本通りに入って2つ目の
信号のある交差点角。

おすすめの味です。



仕事履歴更新いたしましたガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-08-28 21:46
<< プレミアム 『ノリ』は大事。 >>