ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

2006年 05月 29日 ( 1 )

プロレスラーとの仕事

実をいいますと僕は中学、高校とプロレス大好き少年でした。

金曜日夜8時はかならず
ワールドプロレスという番組を見ていましたし、
当時月刊誌だったプロレス雑誌をかかさず買い、
付録のレスラーの大型ポスターを部屋中に貼ってました。
夏休みの読書感想文の宿題には、
アントニオ猪木の『勇気』という自伝を題材に選び、
こづかいをため下関の体育館にやってくる巡業を
見にいったりしていました。

あんなに熱中していたプロレスもブームが去り
テレビ放映も深夜2時すぎにスライドされ、
そして僕も福岡に出てきて仕事をするようになり
過去の想い出となっていきました。

別にプロレス熱が再燃しているわけではありませんが
ここにきて何かとプロレスに縁があるようになりました。

僕がかよっているジムには普通のように
いろいろなプロレスラーが現れますし、
そこのジム仲間自体が今度プロレスデビューします。



…で本日、ある仕事にて九州で活動するプロレス団体
『華★激』のエース、アステカ選手の撮影に行ってきました。

少年だった当時の想いは薄れているものの
やはり本物のプロレスラーに会うのは緊張します。

撮影場所である道場に向かう車中にて、
今回の仕事をコーディネイトしてくれた方の話の中で
アステカ選手は、新日本プロレスのライガー選手との
扱いの違いにずいぶん立腹されているとか…。
メジャー団体とインディーズ団体の違いなのでしょうが、
レスラーはレスラーです。
僕は失礼のないよう仕事をすすめるべき決意をしていたのです。



がっっ!!!!!



緊張のためいきなり失態をおかしてしまいました。


アステカ選手と道場にてご対面。
あいさつもそこそこに、撮影ラフをお見せして
段取りを説明していた時の事です。

アステカ選手と呼ぶつもりが思わず…




















『ライガー選手』と呼んでしまって…

冷や汗タラー…
これはイキナリ張り手かラリアットかぁ!!と
ビビリながらもすかさず
『すっっすみません!!アステカ選手でした!!!!』
とお詫びをいれたところアステカ選手は
やさしげな声で

『あっ、いいですよ(笑)』との返事。

けれどもその後の僕は、緊張しっぱなし。

アステカ選手のふところの深さに感動しつつ
無事撮影が終わりました。

終了後のアステカ選手の着替え風景をさりげなく見てたのですが
さすがに覆面の中身は見えませんでした。




アステカ選手を前に少年だったあの頃の自分が
ひょっこり現れたお仕事でした。




覗いてくださいね当社ホームページ

参加者急増中!クリエーター・スケジュールBOOK掲載希望者募集!!
詳しくはコチラ

[PR]
by gut-co_ltd | 2006-05-29 22:22 | 仕事のこと