ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

2006年 07月 28日 ( 1 )

昭和20年の新聞記事

f0077493_13312716.jpg
ある仕事で戦後の日本の資料を探すため
箱崎宮前にある県立図書館へ行ってきました。

新聞閲覧室という部屋で西日本新聞の過去の記事のストックを
マイクロフィルムリーダーという機械で閲覧します。

マイクロフィルムリーダーとはロール上にまかれた
黒いフィルムを機械に設置してレンズがそのフィルムの画像を
読み取りモニターに写しだすというものです。

手もとにある『早送り・巻き戻し』のできる
操作ボタンをつかって莫大な量の新聞記事ストックを
スクロールして見ていきます。

映画などで登場したりするこの機械を使っていると
なんだか『過去の事件を検索する刑事さん』にでも
なったような気分です。

昭和20年からの検索をはじめたのですが
当然のごとく記事は戦争一色。
当時の緊張感を垣間見る事ができます。

ちなみに61年前の今日の記事は…

f0077493_1332738.jpg
『大東亜戦争の完遂 帝国あくまで邁進』

『大牟田にB29六十機』

『松山・徳山に五十機』

などの文字が飛び込んできます。

記事をよんでみるとB29の攻撃は午前0時の深夜によるもの。
日本軍に特定されにくく、住民は逃げるのが困難な時間帯。
さぞや、恐ろしい一夜であったことでしょう。

戦争を知らない者にとって、
このような資料は本当に生々しく
当時の状況を教えてくれる貴重なものです。



終戦記念の夏が、もうすぐやってきます。


あらためて戦争の恐ろしさを知る意味でも
県立図書館の新聞閲覧室に足をのばしてみられたら?



暑中お見舞い申し上げますガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-07-28 13:29