ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

2007年 12月 07日 ( 1 )

経営者の孤独

業績不振の中、大逆転を目指す
ある会社の社長さんと食事をした。

「焼き鳥でも…」

というリクエストに連れて行ってもらったところは、
演歌歌手の氷川きよしのおばさんが経営しているという
小さな焼き鳥店。

なるほど店内には、氷川きよしのサインとメッセージ付きの
ポスターがところ狭しと貼られている。

店のある場所がらと商品の安さで狭い店内には、
スーツを来たサラリーマンでいっぱいだった。

ビールがすすむと、店内の雰囲気もあってか
その社長の愚痴のオンパレードが続く。

事業を興していれば、その規模に関係なく
問題や悩みや不満はつきない。

もちろん経営者に限らずサラリーマンも
同じだろう。

ただ決定的に違うのは、
サラリーマンの場合、最低限給料の保証があっての上での
愚痴であろうが、経営者の場合、報酬は確約されていない。

その社長は、2年間報酬をもらっていないと言う。

もちろん社員さんたちには、普通に給料を支払っている。


僕もそうだが、会社の業績が悪い月などは
報酬カットは当たり前、報酬ゼロという場合もある。


会社の状況関係なく給料をもらって当たり前の立場の人と
状況によっては給料をもらってはいけない立場にいる人では
解りあえない部分があるのは当たり前の事だろう。

それは、ごくごく普通の経営者の悩みであるといえる。


幸いにもその社長は新たな事業に意欲を燃やされており
しかも実際に手ごたえを感じているようで
その前向きな姿勢が唯一の救いだったようにも感じた。


どうやら孤独な経営者の愚痴を聞いてもらえる相手は
同じ生き物でもある孤独な経営者でなければならないらしい。


どうせなら、明るい未来を語り合う
酒の場であってほしいと願うのだが……




ホームページはこちら!!ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-12-07 18:27 | 仕事のこと