ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

2008年 11月 07日 ( 1 )

自分勝手な女

夜、契約している駐車場に車をいれようとしたら
見知らぬ車が止まっていた。

まったくもって迷惑な話で
管理会社に電話をしてみると
警察に電話するなりそちらで対処してくれ、と言う。

しかたなく、警察に電話をしようと思ったが
そういえば、近くで検問をしていて
警官がいっぱいいたな〜と思い出した。

すかさず検問場所まで出向き
警官に事情を説明した。

警官は、すんなりと
ナンバーの確認をしましょうかね、と
駐車場まで来てくれた。

不当に駐車している車のナンバーを
調べてもらい、返答がくるまで
警官と世間話をしていた。

週末の夜、全国一斉に飲酒運転の検問を
していたらしい。

民事の件で介入してもらって
スミマセンと言うと
公の道路ではないので、
強制的に車の撤去はできませんが
こういう問題であっても遠慮なく警察に電話して
もらってもいいですよ。

と言っていた。

ナンバーの確認の返答がなかなか来ず
もうひとり警官が様子を見に来た。

夜中に、不当に止められた車の前に
ベタつきした僕の車のそばには
ふたりの警官と僕。

住民にジロジロ見られ
まるで自分は犯罪者?





そして、30分以上はたっただろうか…

30代なかばのひとりの女性がやってきて
事件性すら感じる雰囲気に驚き

『その車は私のです!スミマセン!』

と言ってきた。


ずいぶん待たされてイライラしていた僕が
『なんで、勝手にとめとんや!』と
強い口調で言うと、

女性は
『ここのマンションに母が暮らしていて、今日
顔をみせないといけない用事があったんで…』
と言った。


『いや、だからなんでここにとめるんやって!』
と僕。

すると、女性は
『私には子供がいて、荷物もたくさんあって
大変だったからですね…』とまるっきり自分の都合。

カチンときて

『だからといって、他人の契約している駐車場に
勝手に車をとめていいってもんでもないでしょう!』

『スミマセン、スミマセン。
もう悪いのは私なんだからスミマセンって
謝ってるでしょう』


…その女性はだんだん開き直ってきた。


そのやりとりを聞いていた警官の一人が
その女性に


『あなたね、もし自分が逆の立場だったら、
って考えてみなさいよ!!』

と言った。

女性はふてくされて
『ハイハイ、スミマセン』と
もういい加減にしてよ、といった態度で
返事をしていた。

僕はもうあきれてしまって
それ以上はなにも言わず車に乗ろうとした。

警官もあきれたのか
最後に『もう二度としてはいけませんよ!』と
釘をさしてくれた。

車を入れ替え、女性は最後にお詫びでも
するのかと思ったら、逃げるように
急発進でその場から去っていった。


最後に二人の警官にお礼を言い
それ以降、しこりのように嫌な気分が残った。


ただ、唯一の救いは
各地で不祥事続きでマイナスイメージの
警官が思いのほか親切だったこと。


ホント自分勝手な女…
レッカー呼んで移動してやればよかった!
[PR]
by gut-co_ltd | 2008-11-07 16:52