ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

2010年 04月 15日 ( 1 )

ユニクロはブランドか?

ひとことに『ブランド』というが
その解釈は、なかなかに難しい。

消費者にとってのブランドとは
『ヴィトン』であり『シャネル』といった
高級ブランドの事であろう。

随分と前から
この『ブランド』というワードは脚光を浴びており、
現在の各企業の激安競争から抜け出す、もしくは
巻き込まれないためには『ブランドづくり』が重要に
なってきている。

ふと考えたのだが
『ユニクロ』はブランドと成り得るのだろうか?

ユニクロの快進撃は今や言うまでもなく凄い。
店内のグラフィックやCMも、優秀なクリエイターを起用し続け
優れたヴィジュアル展開をしている。
とにかく『カッコいい』。

2000円チョットの商品を
広告で10000円の商品の顔つきで売っているのだから
購買意欲をかきたてるのは当たり前の事だろう。

でも、よく耳にするのは
購入した人の『これ、ユニクロだから…』といった
ちょっと卑下した物言いだ。

コマーシャルのカッコよさに反して
ユニクロの商品であることはカッコよくないらしい。

それは、『安い商品』という認識があまりに浸透しているため
ユニクロを着ることでの優越感が持てないからであろう。
ようするに自慢にならないのである。

それでも、そんな事は承知で店内には人が溢れる。

ひょとしたらユニクロは『優越感』とは違うものを
提示することで、独自のブランドを築いているのかもしれない。

ただ、それが『ブランド』と言えるのか?
と言われると答えは難しいのだが…









『自分でできた!更新自在ホームページ』
ガットデザインホームページ
[PR]
by gut-co_ltd | 2010-04-15 17:25