ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

2011年 07月 01日 ( 1 )

本日をもって退社

およそ9年間弊社のデザイナーとして
がんばってくれていた山本が本日の業務を最後に
退社することになりました。

仕事を通じてお世話になった方々には
この場をかりて御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。


私は、独立して5年間ほどは、ずっと一人で仕事をしていました。
いくら忙しくて徹夜を続けようが
人を雇うという思考にはならず、
むしろずっと一人で頑張っていくのだ、とすら思っていました。

ある時期から、
大きなクライアントの仕事をするようになり
劇的に仕事量が増え、さすがに一人での限界を感じ
先輩デザイナーのつてを頼って採用したのが山本でした。

ほぼ、まったくの素人からのスタートでした。

採用当初は、大袈裟に言うと
『箸の上げ下げから教える』毎日でした。
デザインそのものよりも
日常的な常識から教えていかなければならない事に
愕然としました。

私も当時は若く血気盛んな事もあり
相当厳しく叱りとばしていました。
涙を流そうともおかまいなしでした。

とにかく
社会人とは!デザイナーとは!デザインとは!を
叩き込みました。

本人にとっては相当辛い毎日だったと思います。
何度も辞めたいと思ったはずです。
きっと楽しいことより辛いことのほうが多かっただろう
この会社で9年間頑張ってくれました。

気づいたら、立派に『デザイナー』になっていました。
お客様からも立派に『信頼』を勝ち得ていました。
私からも口出しなく仕事を任せられるようになっていました。

当初、将来的には私のアシスタントではなく
しっかり自立し『2枚看板の一人』として
ガットデザインを引っ張ってほしい、と話した事があります。
きっと本人は、無理な要求を突きつけられたと
思ったかもしれませんが、ガットデザインの看板として
クライアントも持ち、立派にその要求を達成させました。


しかし、この過酷な9年間の頑張りが自身の体に
多くの負担を与え、体調の都合で
ついには退職の決心をさせてしまいました。


『人を育てる』こと…

山本を一人前にする過程において
むしろ私が多くを学び、成長させてもらったのではないか
と思っています。

一番、不器用だったのは自分だった

…と思い知るこの頃です。


これまでのガッツがあれば
これから先の人生は何があっても
乗り越えられる!

そう信じています。

今までお疲れさまでした。
そしてありがとう。






ガットデザインホームページ
[PR]
by gut-co_ltd | 2011-07-01 20:53 | 会社のこと