ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

<   2006年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

おいしい!おいしい!としか言えなくなるお店

今日は、年度末で月末で週末。
区切りの日がまとめて来たという感じでバタついた日でした。

そんな一日が終わり友人と
『こてつ』という串揚げのお店にいって来ました。

ここは、とにかくおいしい!!

串が一本一本揚がる度に黄金色の衣にかくされた
食材にワクワクするのです。
で食するたびにおいし〜いを連発するのです。

店主の樋口さんは、
食材にかなりのこだわりをお持ちで、
特に野菜にいたっては、その選別のすばらしさには
舌をまいてしまいます。
平戸産の無農薬アスパラ。たらのめ。たまねぎ。ブロッコリー。
それらをただ揚げました、というだけなのに
普段たべている野菜とはまったくの別物なのです。
よけいな事はいっさいしてません。食材のもってる
おいしさを100%ひきだしてるだけです…という感じ。
ただし、油にしても塩にしても脇役のこだわりは
そうとうなものだと思うのです。
(塩にいたっては北朝鮮の塩田でつくられたとか…)
f0077493_13303365.jpg
↑店主こだわりのアスパラ。絶品です。

食事の最後に菜の花をだされて(揚げたものではありません)
店主は食べてみてくださいと一言。
f0077493_13315363.jpg
↑素材がいいから生でもgood!

恐る恐る茎をかじってみると、これがまたうまいんだ!

おススメの日本酒もおいしくて
なんだか最初から最後までおいし〜いとしか
言わなかったような…

食もデザインも生き方もシンプルが一番!
と感じさせてくれるお店でもありました。



こてつ
HPも充実してますねぇ。


ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-03-31 12:33

相棒を裏切ろうとした自分

告白します。
僕は相棒を裏切ろうとしてしまいました。

その相棒とは7年のつきあいになります。
野球に行く時も、海に行く時も、買い物にいくときだって
いつも一緒でした。たまに相棒はわがままで困らせたりしたけど
ほとんど手がかからないタフで心強いヤツでした。

それなのに僕は、その相棒に見切りをつけて
新しいパートナーをみつけようとしたのです。

僕の愛するパートナー。それは…
















f0077493_022220.jpg
ボルボ940クラシックエステート。

裏切ろうとしたきっかけは、
天井のサンルーフ付近から雨漏りがしてきまして、
水滴がポタッ…ポタッと落ちて来る有り様。
エンジンや足まわりにはなんの問題もないのですが
車検も一年と半年残っているし、
70000キロ走ってもう10年落ちですから、
これをきっかけに車を買い替えようと思ったのです。
そして知り合いにディーラーを紹介してもらい
(僕の目当てはホンダアコードワゴンでした)
ボルボを買い取りセンターに査定してもらったりしました。
その結果は…
最高で20万円、その他の店は
ほとんど価格がつけられないですと!

でもでも、正直ホッとしたりしました。
きっと下取り50万円くらいの値がついたりしてたら、
ボルボを裏切ってたでしょう。

僕は本日朝から急いでいつもボルボをみてもらっている
Auto Technikaヘ持っていきました。
ここはボルボ専門の修理工場でもあり
スゴク良心的なお店なのです。
僕はことボルボに関しては全幅の信頼を置いています。
けっしてボッタくったりしません。

そこの工場長は、
「まだ70000キロですか。上手に乗れば20万キロはいけますよ」
とおっしゃる。
でも雨洩りをするくらいだから
きっと天井は錆ついて腐敗してるはず…
でも、
「あ、全然大丈夫ですよ。ボルボは錆にも強いんです。
床にもし水がたまったりしてたらカビ臭くなっちゃいますけど
見た所それほどでもないですよ。」とのお言葉。

しかも修理もそこまで大変じゃないとの事。



すまん!ボルボ!僕はキミを随分と見くびっていたよ。
乗り換えようとした僕をゆるしておくれ…
20万キロまで、またつきあってくれよな…
キミがくたばるか、僕がスクラップになるか勝負だぜ。








…なんて、ほんとに思った自分は……ちょっとキモい…
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-03-30 00:00

掲載希望者募集!!

以前ブログでご紹介した事のある
Fさんこと56さん(いつもコメントにも登場していただいております)が
あるプロジェクトを企画されてまして、
うちも全社あげて(笑)ご協力させていただく事になりました。
以前よりお話はうかがっていたのですが
いよいよ動き出しのGOサインをいただいたので
ここで告知させていただきます。

そのプロジェクトとは…

福岡を中心に活躍するクリエーター365名の
プロフィールと作品そして顔写真までもが掲載された
システム手帳を制作、販売するというもの。
名付けて
「クリエーター・スケジュールBOOK365(仮称)」。

1年365日の一日を自分のアピールの場として
使えるという手帳なのです。
↓掲載イメージ
f0077493_1859226.jpg
もちろんスケジュール帳機能がありますから、
仕事でも使え、なおかつ打ち合わせ中などに作品を見て
「この仕事にこの人を使ってみたらどうでしょう」
なんて365人の中から選ばれたりする可能性だってあるわけです。
プロフィールもついてますから、
面識はなくとも打ち合わせ中に電話なんぞかけられたりして、
なんだかとっても便利な営業ブックになるわけです。

365人ですからかなりのボリュームです。
クリエーターとひとくちにいっても職種はいろいろ。
ディレクター、デザイナー、コピーライター、カメラマン、
イラストレーター、建築家、陶芸家、彫刻家…
とにかく
「自分はクリエーターだぁ!仕事のチャンスをもっと広げたい!」
という方ならどなたでも掲載可能。会社勤務の方だってOKです!

しかも掲載料はタダですよ!タダ!
(ただし手帳は購入してね。¥1,500×5册以上購入が条件です。
いっぱい買って知り合いにくばっちゃおう!)

1年のうちのすきな日にちに
自分のプロフィールを掲載できるのも魅力。
ちなみに僕は自分の誕生日2月23日掲載を
すでにおさえました。

なので、希望掲載日は早いもの勝ちですよ。

今だかつてない手帳ですので、???の部分もあるでしょうが
ぜひクリエーターの方に気軽に参加していただきたいなと
思っています。

興味のある方は… 早く自分の日にちをおさえておきたい!という方も

gut@diana.dti.ne.jp

までご一報くださいね。


誤解のないよう申し上げておきますが、
この企画は56氏の発案です。当社は、
「利益はなくていいから、なんらかのカタチでこの業界に恩がえししたい、
売り込みにくるが仕事のチャンスを与えられない若い人たちを
応援したい」という56氏の心意気に
賛同してご協力させていただいております。


ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-03-29 19:09

春なのに…

f0077493_21454426.jpg
寒い一日でした。
季節感がなんか鈍ってきてるような気がします。
それは気候的なものではなく気持的な部分で…。

春といえば、花見ですねぇ。
花見をしたのはいつだっけ?8〜9年前?
多分西公園でしたのを覚えています。

わりと会社にこもってのデスクワークが多いせいか、
大きな会社にありがちな部署の異動という行事(?)がないせいか、
初々しい新入社員という輩がいないせいか
まったくもって季節感を感じる事ができないのです。

うーんいかんぞ!いかんぞ!

表情豊かな四季のある日本で生きていながら
感じるのは、寒いだの暑いだのといった
事だけなんて情けなさすぎる!

都会にいることや季節行事のない会社のせいにしては
いけないですね。

これはもう明らかに僕の感性の問題。

積極的に季節を感じる行動をおこさなければ!





でも、一応くしゃみと鼻水で春を感じたりは
してるんですよ。(´Д⊂ウウッ




ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-03-28 21:50

地味なお弁当

f0077493_1773458.jpgお昼時間にきまって
弁当を購入するお店があります。

会社の近くにあるそのお店は、
もともとお弁当屋さんではなく
野菜や果物、干物などを扱っている
八百屋さんのようなお店で
店先の『お弁当』というのぼりに気付き
購入したのがきっかけでした。

ここ最近、外に食事に出る習慣がなく
今まではサニーのお弁当や
ほっかほっか亭のお弁当ですませていました。
毎日そんなところでの弁当を食していると飽きてしまい、
つい目先のちがった弁当を求めてしまいます。

僕がいつも買い求めるそのお店のお弁当は
一言でいうと『地味』。
それもそのはず、八百屋(勝手にそう呼んでしまいますが…)の
おばさん手作りでしかも販売総数は10にも満たないお弁当ですから。
…で絶賛するほどの美味しさでもなく、
価格も普通の550円。
むしろサニーのお弁当よりも若干高め。

だけど、なぜか毎日買ってしまうんですよね。

ある日、いつものようにお弁当を買いにいったのですが
ごはんがまだ炊けていないとの事で店内で待つ事に。

手持ちぶたさの僕に人あたりのよさそうな
白髪まじりの八百屋のおばさんは
自分のつくるお弁当について話してくれました。

とにかく体にいいものを食べさせたいのだと。
コンビニエンスな食べ物がいかに体によくないか気付くべきだと。
現代人のアレルギーの多さは食べものにあるのだと。

おばさんの家庭でもその徹底した
食のあり方に疑問を抱いた息子さんが
ある実験をされたそうです。
八百屋のおばさんがつくったお弁当と、
あるチェーン店のお弁当を
ベットの下に置いてほったらかしにしておいたらどうなるか?


何日か時が過ぎて、弁当を取り出してみると…







八百屋のおばさんの弁当には、
中身がみえなくなるくらいカビがビッシリ!!
もう一方のあるチェーン店のお弁当は
カビなど発生してなくて、
それぞれ食材がキューー!っと
小さくなってたそうです。

おばさんいわく、
そんな食材は胃袋に入っても発酵しないそうです。
安く仕入れるため、流通させるため、大量につくるためには、
そんな食材を使わざるをえないらしい。

『地味』なお弁当をなぜか毎日買ってしまう理由は
ここにあったのかぁ…

やっぱり体は正直なのですね。


ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-03-27 17:14

ブログつながり

ブログをはじめて1ヵ月、
なんとかほぼ毎日(日曜祝日は休み!)更新をつづけています。
思わぬ方から、『ブログ見てますよ』なんて
声をかけていただいたりして嬉しくなって、
そんなリアクションがあったりすると
もっと続けてみよう!…と元気をいただいたりします。

見ていただいてる方々、本当にありがとうございます!

本日土曜日も朝からみっちり仕事をして
終了後は以前ご紹介したことのある中洲はBar cherryへ。


そこで目撃したある出来事…


後から入ってこられたお客様が
一見さんであったにもかかわらず、
そのお客様の『○○です(ニックネーム)』の一声で
店主の『あ〜っっっ!』という驚きの声。
そして打ち解けた雰囲気。はずむ会話。

じつはcherryの店主もブログをやってまして、
そのブログに訪問されていた方が、
実際のお店に訪問された、というわけです。

そんな出来事を横目でみながら、
合流した友人と違う店にいったのですが、
話の流れの中で、そこの男性店員さんもブログをやられているのを知りまして、
Bar cherryの店主のブログつながりであると判明。
もちろん僕もBar cherryの店主のブログでつながっていますから
そこから話もなんだかスムーズに…。

その方とは、これから先ブログでつながる事ができるでしょうし
ご一緒に飲みにいったりする仲になれるかもしれない。

ささいな事だけど、ブログの力は凄いなぁ…

と実感する夜なのでした。
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-03-25 23:51

色のイロイロな影響

f0077493_10295812.jpg
f0077493_10302879.jpg約20年来のつきあいになる友人と
その他大勢で夜食事に行きました。
その友人がセッティングした店は、
美野島商店街というところに
ある『BINGO』というお店でした。
食事をする、または飲みにでかけるといえば、
警固・赤坂・大名・中洲で、
そんな場所が活動範囲の僕にとって
美野島は『え〜美野島!?』と驚くほどの未知の場所なのです。
ウーン、ボウリング場があるしか思いつかない…

で、行ってきました美野島。
到着時刻は8時すぎ。目指すべく店のある
美野島商店街という通りに連なる店々は
みごとにすべてシャッターが閉まっており、
まるでゴーストタウンチックな静けさ…。
そんな一画にひときわ異彩をはなっているお店が『BINGO』なのです。
僕の友人の友人の兄が経営しているというそのお店は、
過剰なほどのアジアンテイストで、しかもど派手!
店内のカベがすべて真っ赤!という有り様。
かなりインパクト大のお店です。
照明はかなり落とされていますので
真っ赤な店内はさほど気にならなかったのですが、
目がなれてくるにしたがってその赤が
強烈に神経につきささってくるのです。

ある報告によると、人間の五感のうち視覚が占める割合は
90%弱で、さらに視覚情報のうちの80%以上が
色の情報であるらしいです。(ちなみに味覚は1%程度だそうです)
ということは、人間が外界から受け取る情報のほとんどが、
色の情報ということになります。
我々は色によってその影響を大きく受けていることになります。

では、真っ赤な店内というのは、
僕達にどんな影響を与えたのでしょうか?
赤のイメージは、
情熱、闘争、熱中、愛情、歓喜、怒り、血、エネルギーなどで
心理的・生理的影響として交換神経を刺激し、
覚醒・興奮作用があり脈拍・呼吸数・血圧を上昇させる、
食欲を増進させる、攻撃的な気分を鼓舞する
疲労時にエネルギーを出させるなどがあるようです。

確かに友人はいつも以上にしゃべりたおし
興奮し酒もすすんでいたような…
僕といえば、3人前はあるであろう鍋を
ほぼ1人で3分の2は食してしまうほどの食欲…

もし、心理的・生理的影響を計算のうえでの
真っ赤な店づくりであるとすれば、
おそるべし『BINGO』!

ちなみにガットデザインのコーポレートカラーである黄色は
希望 、野心 、発展 、横暴快活 、明朗、 太陽、 栄光などをイメージさせ
脳細胞・自律神経を刺激・活性化させる生理的影響があるようです。









たしかに影響………してる???
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-03-24 10:29

ゾロ目の不思議

f0077493_2221917.jpg
夜中にふと目が覚めて
ベッドサイドにある目覚まし時計に手をのばす。
その目覚まし時計は
常に正しい時刻を自動的に表示する電波時計だ。
時計のヘッドのボタンを押すと液晶内に明かりが灯る。

表示時刻は4:44。

「おっラッキー…」
何が幸運なのか意味はないが、心でつぶやく。


そして次の日の夜。
夢の途中で目が覚めてしまって時計に手をのばす。
あとどのくらい寝られるのだろうと
途中で目覚めた歯がゆさを点灯ボタンにやつあたりし
力まかせに押す。

表示時刻は3:33。

さすがに二日続けてゾロ目だとなんだか気味が悪い。
けれどそこまで深刻に考えず時計に背をむけて寝返りうった。

次の日は途中で目覚める事なくぐっすり。

そして次の日…信じられない事が起こった。



疲れもあって寝ついたのは10時すぎ。
いつもよりかなり早い時間だ。
疲れているはずなのに寝ているような
寝ていないような覚醒状態。
ふと目が覚めていつものように時刻を確認すると

2:22。

「また…」これで3回目だ…

トイレで用を足し気味が悪いので、布団にもぐって寝た。
うつらうつらしてきたが、完全に眠っているわけではない。
「う〜ん」何度も寝返りをうっているとだんだんと
時計の事が気になって、再度時計を見てみると

なっなんとそこには…











3:33の表示が!!!



…とまあ、ただそれだけの事なんですけどね'`,、('∀`) '`,、
偶然とはいえ、ここんとこずっとこんな感じで時計を
みるといつもゾロ目の時刻でちょっと気味がわるかったです。

どういう事なんでしょうね?








パチンコにでも行けというお告げかも?( ゚∀゚)彡



ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-03-23 22:11

すばらしき野球!

f0077493_1942051.jpg
王・者・パン!!

いやぁ凄い試合でした。もうTVに釘づけでした。
さすがキューバ、村上龍もキューバに、はまるはずだ!
後半1点差まで詰めよりハラハラドキドキさせてくれました。

団体球技 において世界一になるなんてこの日本であったでしょうか?

この事件をきっかけに、もっともっと野球を愛する人たちが
増えてきたらいいですね。

僕たちの小学生時、遊びといえば野球でした。
毎日毎日昼休みに野球、帰ってきては野球。
竹のバットと新聞紙にガムテープを巻き付けたボールで
暗くなってボールが見えなくなるまで田んぼのグランドで
遊んだものでした。なんだかキューバの子供たちのようですが、
プラスティックのバットと軟式のテニスボールで野球を
するのは、小学生の高学年になってからなのです。

中学、高校では野球ではなくバスケットボールとバレーボールに
いってしまいましたが、今だにそこそこ野球ができるのは、
小学生の頃の夢中になってやってた時の下地があっての事だと思います。


WBCのイチローもそうであったように、
野球をする時はみんな少年に帰るようです。


今週日曜日は、僕の所属するチーム『リュウズ』の試合。
日本代表チームとは、天と地…いえ、宇宙と地球の核ほどの差が
ありますが、WBCの影響を受けて野球をするのがとても楽しみです。













あっ…肉離れ…まだ完治してなかった…_| ̄|○





ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-03-22 19:08 | 趣味のこと

人生の表と裏

日本勝ちました!
『勝たねばならない試合で勝つ』
こんなむずかしい事をやってのけた日本チームは凄いと!心から思いました。
この勢いで行くと世界一をやってのけるのではないでしょうか?

韓国は、今まで全勝で勝ちのこって来ました。
そしてたった一度の負けで姿を消していきました。
まさに天国から地獄…。
かたや日本はアメリカ戦、韓国戦と屈辱を味わって、
ここぞという試合の勝利で決勝への道を手にいれました。

すべては結果論なのですが、
天国と地獄、勝ちと負け、成功と失敗、喜びと悲しみ
まさにコインのように表裏一体なのですね。

今日久しぶりに、以前仕事や遊びにと
すごく仲良くさせてもらっていた先輩と昼食をご一緒いたしました。
その方は、建築デザイン関係のお仕事をされていまして、
当初はバブル時期と重なってかなり景気のよい会社を経営されていました。
けれどもバブル崩壊後、除々にその勢いは失せていき規模も縮小。
そしてある時期を境に、自宅にひきこもり人と会うのも恐いといった
鬱病になってしまいました。
当然仕事はなくなり収入もなくなり
『本当に苦しかった』とおっしゃっていました。
その間、僕には想像できない苦悩に押しつぶされていたのだと思います。
けれども今では、新しい事業に向けてその表情は明るく、
すでに新しい人生にむけて立ち上がられています。


僕も経営者として、いろいろな苦悩にぶつかります。
いい時もあれば悪い時もある。まだまだ弱い僕には
そのように割り切ることはできず性格的に悩む方ですので
鬱病まではいきませんが、かなり思い込んだりします。

そんな時、ノートに書き写した文章を見ます。

人生で一番危険な時は順風に帆をあげた景気のよいときである。
順境の時はとにかく物事がトントン拍子に進んでいくので
つい自己反省を失うが逆境の場合は割合失敗は少ない。
ただその逆境に負けて多くの人は意気消沈して元気を落とす。
こうした事さえなければ逆境こそ大成功の基となるものである。
困難こそ人生の尊い試練である。
要は順逆二境に心動かさず、順境に驕らず、逆境にたじろがず、
順逆はもののウラ、オモテと観して不断の努力を続ければいい。


ネットからひろってきた文章ですので、どなたが書かれたのか
わからず、ここに紹介できないのが申しわけないのですが
この文章でずいぶん勇気づけられたものです。

昼食をご一緒させていただいた先輩の話と、
『ワールド・ベースボール・クラシック』の劇的な結果から
ふと人生の表と裏について考えたのでした。



f0077493_15462995.jpgは(勝手に)ワールド・ベースボール・クラシックを応援しています。
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-03-20 15:49 | 仕事のこと