ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

<   2006年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

占いとか風水とか霊能力とか

会社経営たるもの、常に順風満帆というわけにはいきません。
順境もあれば逆境もある。

そんな波の狭間での孤独な経営者の悩みはつきません。

不思議な事に、そんな状況の時にかぎって
いろいろな方に占い師やら風水師やら霊能者やら
紹介していただいてます。

さかのぼる事3年前—。
その時初めて紹介いただいたのは占い師。

父親の体調の悪さを指摘されて実家に確認してみると、
母親が『実はだまっていたけど……』と尋常ならぬ事態であった事を
ピタリと当てられたことがあるという経験を持つ方からの紹介。

その1年後—

もともと刑事だったのですが、やたらと犯人が頭の中にでてきて
逮捕にこぎつけた、という特異な能力を持った方。
その後、その能力をいかすべく修行されて僧になられた。
そんな方を紹介されました。

その後、自分の身のまわりやかかわる人たちの姿カタチを
ピタリとあてる事のできる能力をお持ちの風水師や
台湾からやってきた風水師など、
いろいろな方に紹介され、そして観ていただきました。

そして本日、特異な霊能力をお持ちになられた方と
アポイントをとる事ができまして、
このお方、紹介された方の話を聞くと
今までで一番凄いパワーを持っておられるのでは?
という気がします。

そんな方とあさってお会いする事に…
はてさて、どんなアドバイスをいただけるのやら。


ちょっとドキドキです。


結果の御報告はまたの機会に!



暑中お見舞い申し上げますガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-07-31 17:22

昭和20年の新聞記事

f0077493_13312716.jpg
ある仕事で戦後の日本の資料を探すため
箱崎宮前にある県立図書館へ行ってきました。

新聞閲覧室という部屋で西日本新聞の過去の記事のストックを
マイクロフィルムリーダーという機械で閲覧します。

マイクロフィルムリーダーとはロール上にまかれた
黒いフィルムを機械に設置してレンズがそのフィルムの画像を
読み取りモニターに写しだすというものです。

手もとにある『早送り・巻き戻し』のできる
操作ボタンをつかって莫大な量の新聞記事ストックを
スクロールして見ていきます。

映画などで登場したりするこの機械を使っていると
なんだか『過去の事件を検索する刑事さん』にでも
なったような気分です。

昭和20年からの検索をはじめたのですが
当然のごとく記事は戦争一色。
当時の緊張感を垣間見る事ができます。

ちなみに61年前の今日の記事は…

f0077493_1332738.jpg
『大東亜戦争の完遂 帝国あくまで邁進』

『大牟田にB29六十機』

『松山・徳山に五十機』

などの文字が飛び込んできます。

記事をよんでみるとB29の攻撃は午前0時の深夜によるもの。
日本軍に特定されにくく、住民は逃げるのが困難な時間帯。
さぞや、恐ろしい一夜であったことでしょう。

戦争を知らない者にとって、
このような資料は本当に生々しく
当時の状況を教えてくれる貴重なものです。



終戦記念の夏が、もうすぐやってきます。


あらためて戦争の恐ろしさを知る意味でも
県立図書館の新聞閲覧室に足をのばしてみられたら?



暑中お見舞い申し上げますガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-07-28 13:29

梅雨明け

先週末からの雨がやんだと思っていたら
梅雨明けしてたんですね。(…宣言がでたのは知らなかった…)

今回の梅雨はやたら長く雨量も多い事もあって
各地で大変な被害を出しています。

これはもうあきらかに異常気象。

地球がおかしくなっている状態が
ここ最近あらゆるカタチで露骨にあらわれています。

子供たちに残すべく地球の環境は
今後ますます厳しくなって行く事が予想されるでしょう。

そんな事を考えながらも、まぶしき夏はやってきます。



あらためて、皆様に
暑中お見舞い申し上げます。
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-07-27 21:37

撮影ディレクション

f0077493_1257756.jpg
スタジオにて、ある情報誌の撮影を行いました。

撮影ディレクションにおいて大切な事。

まず、カメラマンとディレクターの頭の中の映像を
同じにする必要があります。

そのためには、共通の意識を持てるラフや撮影見本など
資料を準備しなければなりません。

ただ、あまりにも具体的な資料を準備しすぎると
イメージ以上の飛躍ができなくなり
かえっておもしろくないものになってしまいます。

やはり、想像していた以上のものを
カメラマンには期待していますので、カメラマンのエッセンスを
加える事のできる環境づくり(良い意味での指示のユルさ)が大切です。


エディトリアルの撮影において、
『トリミング』も重要な要素です。

写真と文字が融合するページはなおさらの事で
文字が配置されるであろうスペースを計算して、
その余白づくりもふまえてアングルを決めていかなかればなりません。

そこはかなりシビアに詰めていきます。
そうしないと余白が足りない、写真にかぶって文字が読みづらいなど
不具合が生じてきます。
そのようなレイアウトとしてのバランス感覚は重要です。

このように技術的な部分において大切な事は多々ありますが
広告としての考え方、目的、方向性をカメラマンに理解してもらう
メンタルな部分も重要であるといえます。

広告のある部分だけをきりとってパーツとしての撮影をお願い
するのではなく、カメラマンに大枠(全体)を理解してもらった上での
取り組みをしてもらったほうが、
写真の空気感、トーンといったものがブレなくてすみます。

いずれにしろ、カメラマンとの
十分なコミュニーケーションをとらなければならないと
いうことです。




まぁ、最終的には写真を生かすも殺すも
デザイナーのフィニッシュワークにかかってくるのは
いうまでもありません。



覗いてくださいねガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-07-26 12:56 | 仕事のこと

サボリ気味?

最近、ブログの更新頻度が落ちています。反省…。

書くべきネタがないという原因もあるのですが
それはいいわけであって、
むしろ、日々何かを感じ書き記す意欲を失っている、
というほうが正解かも?

けっして忙しいからっ!というわけではありません。

少人数ながら日々ブログをのぞいてくださる方がいる限り
コツコツ更新せねば!とあらためて思う今日この頃です。


覗いてくださいねガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-07-25 10:45

初めてのコンタクト

f0077493_19393066.jpg
生まれて初めてのコンタクトレンズ。

当たり前ですが、つけただけでクッキリハッキリにビックリ!

スポーツするとき限定の使い捨てコンタクトですがかなり活躍しそう。

ところで目の検査での『飛蚊症』の診断。

随分前から気にはなっていて、ちょっと心配です。

念のため目の撮影をさせられました。

何事もなければよいが……




覗いてくださいねガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2006-07-21 19:40

日銀ゼロ金利政策解除に思う

このたび日銀は5年4カ月ぶりに
ゼロ金利政策の解除を決定しました。
これにより、限り無くゼロに近い状態が続いていた銀行の
普通預金の金利が引き上げられます。

今まで銀行に預けてあった預金の利息は、ほんとに雀の涙。
土曜日にATM使えば手数料で軽くふっとんでしまうものでした。
かたや銀行は政策の恩恵を受けて莫大な利益を出しているといいます。

また住宅ローンの金利もあがる見通しで、変動金利を組んでいる消費者に
とってはその分支払いの負担が増えるということになります。

以前、僕も某銀行さんから住宅ローンの借り換えを勧められまして
その話は、たしかにマンションを買った当初の金利から比べますと
条件は全然違うものでした。
ただし金利が低いのにはカラクリがありまして、
5年後に金利が変動するというものでした。

当時(日本中が不景気だと嘆いていた頃)
担当営業マンの方はこう言っていました。
『今の状況を考えると、この先金利があがる事はないと思います!!
ですから変動とはいっても、そう気にされなくてもいいです。』

そう言われるとついつい
「先の事なんて誰にもわからないじゃないですか」と
反論してしまいます。

そうなるとおきまりの営業トークで
『私の担当している誰々さんと誰々さんは借り換えされて
000万負担が減ってどうのこうの…」となるのですが、
借り換えによる担保設定をするのにも何十万という経費が必要であった事と
誰も予測できない未来に対しての断定的なもの言いに
うさん臭さを感じてお断りいたしました。

それから何年か経ち、そして今の状況。

もし当時の担当営業マンに言われるがまま借り換えしていたら、
今の心境は随分変わったものになっていたでしょうね。

その担当営業マンは、転勤によりもういませんが
“だまされた感”は否めないと思います。



全国にそういった方はたくさんいるんだろうな…



覗いてくださいねガットデザイン

参加者急増中!クリエーター・スケジュールBOOK掲載希望者募集!!
詳しくはコチラ

[PR]
by gut-co_ltd | 2006-07-19 10:33 | 気になったこと

怒濤の4連休

金曜日にお休みを頂きまして、
なんともありがたい4連休。
十分満喫させていただきました。

f0077493_16153651.jpg
↑待望のゴルフコースデビュー。あまりの暑さにぶっ倒れそうでした。
スコアは100。100きれなかったのが残念。


f0077493_16163066.jpg
f0077493_161718.jpg
↑夜は、山笠を見るべく弟のバーに集合。
オフ会と友人の誕生会を兼ねての大騒ぎ。


f0077493_16181067.jpg
↑待望のゴルフコンペデビュー。
途中雷は鳴るわ、豪雨になるわ、コンディションは最悪。
そしてスコアは110。甘くなかったです。


f0077493_16192371.jpg
↑人生2回目の競艇。2レース立続けに当てて絶好調!
最後、当たり確定(3連複)のレースで大喜び。
…が土壇場で予想の中の1艇がひっくり返ってハズレ!
トータルでは負けてしまいました。こちらも甘くなかったです。


ここ最近、気持的にダラダラ感があったのですが
今回のように思いきって休んで遊ぶと
逆に気持を引き締めていかないといけない!
と思いました。

さぁ今日からまた頑張ろう!



覗いてくださいねガットデザイン

参加者急増中!クリエーター・スケジュールBOOK掲載希望者募集!!
詳しくはコチラ

[PR]
by gut-co_ltd | 2006-07-18 16:23

女子バレー部

f0077493_13445278.jpg
プロ野球の新庄選手の母校でもある
西日本短期大学付属高校の校報誌制作を
お手伝いしておりまして
その表紙の写真撮影のため
学校のある八女までいってきました。

今回の表紙を飾るのは女子バレー部所属の生徒さん。
そのバレー部が練習をしている体育館におじゃましました。

体育館に入るなりまず驚いたのは、そのあいさつ。
スポーツマン(ウーマン?)らしく
全員が練習をやめてこちらに向かってする『こんにちわ!』
のあいさつには、感激してしまいました。

そして部員のみなさんは
誰もが同じように見えてしまう『短髪』で統一されています。

オシャレしたい年頃でもあるだろうし
ボーイッシュな髪型はかわいそうに…と
外野の僕は思ってしまうのですが
スポーツ選手にとって長い髪は邪魔になるだけだそう。

僕は高校時代、バレー部に所属していた事もあって
練習を見ていますとフツフツと血湧き踊る感覚になりました。

そうはいっても実力的には全然差があって
当時僕の所属していたバレー部は超弱小!
1勝すらした記憶がありません。

かたやこちらのバレー部は、福岡県大会優勝、
インターハイベスト16という実力なのです。

見学していますとまるで軍隊のように統率された感じで
次々と練習メニューをこなして行きます。

全国的にみても(身長が)小さいチームといわれていましたが、
そのハンディはきっと厳しい練習で補っているのだろうと思いました。

今回の表紙モデルになった生徒さん。
練習中である事と緊張のため表情は堅く険しい感じだったのですが
フッと見せるはにかんだ笑顔は、やはり普通の女子校生でした。


この時期スポーツに全力を注いだ経験は
きっと将来、間違いなく圧倒的なチカラを持つだろうな…。





覗いてくださいねガットデザイン

参加者急増中!クリエーター・スケジュールBOOK掲載希望者募集!!
詳しくはコチラ

[PR]
by gut-co_ltd | 2006-07-12 13:44 | 仕事のこと

トレーニングの話 その5

f0077493_10513116.jpg
僕がウエイトトレーニングをはじめて
かれこれ3年たちます。
この3年間、週3〜4回のペースでジム通いを続けていて
自分でもよく続けてこれたものだと感心します。

そこまで一生懸命になっていたトレーニングですが
ここ最近そのモチベーションがグッと下がってきて
ジム通いがさぼり気味になってます。

その原因として
◎プラトーといわれる現象
現状から進歩せずに平行線をたどっているような現象の事です。
『こんなにがんばっているのに
全然重量があがらないし体が大きくならない!!』という
時期になっている。
なのでモチベーションがどんどん下がっていきます。

◎暑さによる疲労感
冷房などついていないジムのこの季節の暑さは、
名物となっており会員だれもが夏がくるのを恐れています。
なにせトレーニング中、呼吸ができなくなるほどの暑さですので
ジム通いがイヤになってきます。

◎マンネリ化
某大手有名トレーニングジムのように
常に最新マシンが導入されるということはなく、
いつも同じ器具。ジム側は器具の配置を模様変えしたりして
ごまかしていますが、いい加減飽きてきました。
トレーニング方法も日々違う種目を取り入れていますが
やはり限度があるようです。

そんなこんなでジムに足が遠のいている僕に
ジム仲間のマッチョ親父さん
『ゴルフなんぞに熱をあげてるからや!』
『今日はジムに来いよ!』と
叱咤激励してくれています。

そのマッチョ親父、同じ年齢なのですが、
プロレスのトレーニングしながら
ジムのトレーニングにも通う、
まぁ、なんとも元気な親父です。

さっそく次回のプロレス試合の日程なぞ
報告してくれたりします。

そんな人に助けられながらも
なんとかジムに通っているのですが、
そうはいっても週2回はジムに顔を出している状態で
『足が遠のいている』と言っているのですから…


普通の人と比べて
ちょっと基準がおかしいかもしれませんね(汗)





覗いてくださいね当社ホームページ

参加者急増中!クリエーター・スケジュールBOOK掲載希望者募集!!
詳しくはコチラ

[PR]
by gut-co_ltd | 2006-07-11 10:55