ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

デザインの入口

新規のお客様との打ち合わせのため
久留米へ行ってきました。

その会社の営業担当の方からの
現状および今後の販売戦略などのお話を
3時間にわたりお聞きしました。



現状の課題を突破するための地域戦略や
顧客戦略などの話に終始し、
我々もそこからどのような可能性があるか
助言させていただく。

デザインがどうの…とかいう話は
ほとんどなしで、とにかく問題点を共有していく。

宣伝活動をしていく中で、
どのようなやり方や表現がもっとも効果的かを、
その中から見つけていかなければならない。

そこを抜きにして
デザイン作業にはいり
かっこいいものができました、と
プランを提出する行為は
『無責任』といわれても仕方ない。






みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-06-28 20:10 | 仕事のこと

本よさらば

趣味は読書。

以前までは…。





読書を楽しむには、それなりの環境づくりが必要です。

集中して読書できる場所や、
じっくり読むことのできる時間。



ここ2年以上は読書から遠ざかっていました。

そして思いきって蔵書を処分することにしました。

とにかく数が多くダンボール箱5箱分が
ずっと押し入れに眠ったまま。

その数、508册。

f0077493_21473963.jpg


本好きの方なら本を処分することの心の痛み、
何となく分かってもらえるかも?

ですが、ここは思いきって処分することに決めたのです。

読み返す時間もないまま、コレクション癖さながら
所有することに何の意味があるのだろうと思ったのです。

実際、残しておきたいと心から思った本は
たったの5册。

そうであれば、もう売ってしまえ!と…


出張買い取りをお願いして、某ブックセンターが
はじき出した金額は

買い取り可能な書物459册に対して







12,660円なり…

一冊30円にも満たない金額でした。



ある人の本とのつきあい方を思い出しました。

その人は、本を購入し読み終わるとすぐに捨てるそう。
その後、捨てた本をまた読みたくなったら同じ本を購入するらしい。

本屋にいけば同じ本なんていつでも手に入る。

けれど、また購入してまでも読みたいと思う
本に出会うのは稀である。

読み捨ててしまうほどしか価値のない本のなんと多いことか。

だから、せめてまた『読みたい!』と思う本に対しては
著者へのリスペクトをこめてまた購入するのだと。

それが読者の礼儀でもあるのだと。

(購入すればするほど著者への印税収入につながるのです)




みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-06-23 21:37

トレーニング仲間

久しぶりの体育館でのトレーニング。
じつに10日ぶり。

実は最近トレーニング仲間ができまして、
知り合いのデザイン事務所のデザイナーK君がその人。

身体を大きくしたいとの事で一緒に体育館に
行くようになったのです。

2人でトレーニングをする利点は
『もういいか』なんて甘えを持たずに
相手を補助してあげることで『追い込む』ことができること。


「もうバーベルが挙がらない!という限界を
さらにもう一回!と手助けしてあげて挙げるのが
筋肉にとって一番おいしいところ」


なんて、以前在籍していたジムのトレーナーは言ってました。




Kクン!仕事が忙しくても「Keep On」で頑張ろうね!
そして、肉体派デザイナーを目指そう!




みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-06-16 18:03 | デザインのこと

猫の手貸してください。

今週に入ってからというもの
忙しすぎて仕事がまわらない状態。

フリーでがんばっているデザイナーさんを
急遽うちの事務所にひっぱりこんで
手伝ってもらっていました。

カラダはひとつですから
いくらフル回転で作業したとしても
できる仕事にも限度がある。

今日がデザイナーさんの出勤最終日でしたが
なんとか仕事がまわって助かりました。







自分に足りないところは、うまく他人に補なってもらう。

(先日のブログより)




みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-06-14 13:21 | 仕事のこと

自分に足りないところは…

某大学の仕事でデザインプランを提案するため
列車に揺られ筑後市へ。

プランの打ち合わせの後は、
生徒さんの取材と施設の取材。

その後、教授さんとの懇談の中で
専門的分野の話になるとどうしても
気おくれしてしまいます。

けれど、その分野に強い
コピーライターさんが一緒でしたので
ずいぶん助かりました。

専門分野に明るい方を
仕事のパートナーに選ぶのは重要な事で
あらためてその大切さを実感したのでした。



自分に足りないところは、うまく他人に補なってもらう。


自分の不得意な分野で
わかったふりをしてその場を繕う見栄は、いつかボロが出ます。





みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-06-13 13:19 | 仕事のこと

モノ持ちいいです。

先日の日曜日、愛車の車検のためいつもの整備工場へ。

今年で10年落ちの車です。


ケータイはいまだにドコモのムーバP501という機種で、
財布をはじめ身の回りのものも
けっこう古くから使っているものばかり。



モノを大切にするエコロジスト


はたまた


モノにこだわりを持つ流行に流されない男








などではなくて


クルマやケータイなど
しょっちゅう替えている方の労力は
さぞや大変だろうにと思ってしまう自分は


たんなるめんどくさがりやなのでした。




みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-06-11 13:17

ツキイチハイシャ

毎月一度、金曜夕方5時30分よりの恒例は…

























歯医者での歯石とり。







今年になってから半年間、
毎月かかさず歯のメンテナンスのため
近くの歯医者さんに通っています。


僕の場合、
歯茎の奥深くまで歯石があり、歯茎を切開してまでも
除去したのがきっかけでした。

それ依頼、なんの問題はなくとも
歯医者に通うのが当たり前になりました。



歯医者嫌いは遠い昔の事。



自分の歯をいつまでも残しておきたいのであれば
面倒くさがらずに歯医者に通うことを
オススメいたします。



芸能人ならずとも歯は命ですよ。






みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-06-08 19:50

百の言葉より1つの形

忙しさ全開の毎日です。

終業は次の日になっている毎日です。

でもガンバリます!突き進んでまいります!
お仕事の発注、ガンガンお願いいたします(笑)



本日は、新規のお客様の打ち合わせのため
JRに乗って約1時間、筑後市へ。

某大学の新しく開設された教育コースの
広告制作の打ち合わせでした。

手ぶらでは失礼ですので自主的に教育コースの
アイコンとなり得るロゴタイプを20案ほど持参。

つくりすぎ!という感もするのですが
はじめての打ち合わせですので
先方のイメージするところの確認も込めて
あらゆる方向性のデザインをお持ちしたのでした。

言葉で説明するよりも、実際にカタチをお見せして
話をすすめた方がスムーズにいく場合もあるのです。


『百の言葉より1つの形』。


ただ、なんでもかんでもこのようなスタイルで
仕事を進めているわけではありませんので…。


帰社後、さっそくコピーライターさんと打ち合わせ。


このコピーライターさんは、演劇好きから
自ら編集長として演劇フリーペーパーを発刊しているツワモノ。
今回の仕事にバッチリ!!と仕事を依頼したのでした。

f0077493_22504928.jpg
↑隔月発行『THEATER View』。
有名俳優のインタビューや福岡での演劇公演情報が満載です。
ただいま広告主募集中!!だそうです!


今回の仕事は、大袈裟に言うと、
九州の文化的意識の底上げをお手伝いできる仕事になるのでは?
と期待をしていたりします。


頑張らねば!!!





みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-06-07 22:47 | 仕事のこと

ビルのオーナーが!

その話は突然の事でした。


当社が入居しているビルのオーナーから電話があり、
その内容は、ビルを売却したためオーナーが変わるらしい。


現在のオーナーさんとは、わりと懇意にしていただいてまして
入居時も敷金や保証金などはいらないという条件に
していただいたり、
度重なる改装の時なども自由にさせてもらえて
とても『話のわかる』オーナーさんだったのです。

そのオーナーさんがビルを手放すというのは
本当にとても残念でショックな事。


オーナーが変わるということは
これからどんな影響がでてくるのでしょうか?


かなり不安です。






みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-06-02 19:12

ゴリヨリ

f0077493_18574012.jpg
連日、某ホテルの料理撮影の立合いの仕事。

料理写真は、被写体である料理とカメラの距離が
離れれば離れるほど、シズル感が薄れていきます。

咽がゴクッとなるような写真を撮るには、
料理に近付くのが一番。

事あるごとにカメラマンさんに
『アップでお願いします!』と
お願いしていたのですが、


ふと出た言葉…




『次のカットはゴリヨリでお願いします!』




一瞬まわりのスタッフは『??』だったのですが
その語感から『ゴリゴリに寄る』と理解していただけたようで
その言い回しはとても好評だったのでした。

それ以降、ゴリヨリ
アップで撮る時の合い言葉のようになりました。






はたして業界で定着するのか?



『ゴリヨリ』




みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-06-01 18:52