ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

売れる広告

ある企業の商品広告を制作し、
新聞広告として掲載したところ、
『今までにない多くの反応があった』という報告が
代理店の方とクライアントの方からありました。

新聞広告という媒体特性を活かし
読者の興味をそそり反応をあげるための仕掛けを
知恵を絞ってした結果でしたので、
とてもうれしい報告でした。

広告の目的のひとつ『モノを売るため』の使命を
達成するのは、当たり前といえば当たり前のこと。

けれども、その使命すら忘れているのではないかという
広告が氾濫しているのも事実です。



むかしむかしある企業でのプレゼンでのお話。



某広告代理店のプランナーさんが、
CMの企画を、企業の宣伝課長さんに説明していました。

そのプランは、実に奇抜で人をくったような
ナンセンスなおもしろさを表現していました。

そのプランナーさん、
プランを説明している最中
自分でも吹き出しながらしゃべっているという
端から見ると????と思うほど
自信満々の面白さらしい。



…で、ひととおりプランを聞いた宣伝課長さんが一言。
























『これで売れるとね?』








横で聞いていた僕は、思わず吹き出しそうになるのを
グッとこらえて、プランナーさんがどのように説明するのか
期待していたところ信じられない返答が!!































『これをつくると賞がもらえますよ。』





『しょ…賞ぉぉ??』


ようするに、業界内での広告賞がもらえるプランであると
いうことなのです。




『賞はそっちの勝手やろう?賞をとると商品も売れるとね?』


『賞をとるとですね、御社のイメージもあがりお客さまにも
好印象をもたれると思うんです。結果的にお客様も多数来店いただき
売り上げにつながるのでは、と…』




なんとも苦しい説明。




一般のお客様なんて広告賞のことなんか、
これっぽっちも気にもとめてない事を
どうやら理解してないらしい。







以上、『広告の目的』を見失った人の笑い話でした。




※広告賞をとる事を非難しているわけではなく、
 賞はあくまでも結果(もしくは副産物)である。という事をいいたいのです。
 念のため…


















みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-09-28 14:57 | 仕事のこと

お別れ

先週の連休前、9月21日、
家族に見取られて祖父が亡くなった。

悲しい死だった。

葬儀を終え仕事に復帰した今でも
心はどんよりとしている。


今年に入ってから、親族が3人も亡くなった。


人の死と直面するのは悲しい事だが
亡くなってもなお、僕達に残してくれる
大きな『教え』というものがある事を知った。


その教えを忘れることなく
生きていかなければいけない。
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-09-25 11:23

パスポート更新

1997年にパスポートを交付されてから早いもので10年。
今週で切れてしまうパスポートの申請手続きに行ってきました。

海外に行く予定などこれっぽっちもないのですが
期限が切れてしまうと、またまた最初から申請手続きをしないといけないので
それはそれで面倒くさいかなと思い手続きをしたのでした。


ちょうど10年前。
ガットデザインを創業した年。
出入国したスタンプがそれぞれひとつ。


行き先はニュージーランド。


ニュージーランド政府観光局の仕事で
週2便の福岡〜ニュージーランド間の国際線就航のプロモーションの
ポスター制作とTVCM制作の撮影のためのロケでした。

独立してすぐのビッグビジネス!
大手広告代理店も参加していた競合を勝ち取っての仕事でした。


競合に勝ったのはいいものの、ニュージーランドなんて、
スタッフ一同誰も行った事もなくロケハンができるわけでもなく、
テーマだけ決めてほとんどが現地でのぶっつけ本番といった、
かなり乱暴なロケでした。

当然、現地のコーディネーターの案内で移動するのですが
テーマのひとつ、『ニュージーランドのガーデニングの魅力を伝える』
というプランには困ってしまいました。

こちらは、目を見張るような美しい芝と花々に囲まれた
日本では見る事のできない風景のまん中に
東京からわざわざ連れてきたモデルを立たせて
ガーデニングのすごさを伝えようとイメージしていたのです


…が、


現地のコーディネーターが案内する場所は、
せまっくるしい普通の民家の庭だったり、
逆に豪華すぎて、ガーデニングというより国立公園か!
とつっこみたくなる場所であったり、ここは果樹園かい!と
言いたくなるようなピントのずれた場所だったり…。


イメージ通りのガーデニングなんて、ホントはないのかも知れない!
スタッフ一同ホテルに戻って頭をかかえてしまいました。


でも、考えてみるとガーデニングって所詮庭いじりのコト。
こちらが思うほどのドラマチックなつくりになってるワケがないのです。


結局、翌日に案内された海の見える高台にある園芸店のおばさんの
顔のアップを撮影することにしました。

庭を見せるのではなく、人柄を見せることで
ニュージランドの魅力を伝えよう、というプランに変更したのです。


ただ、さすがにビビりました。


なんせクライアントの意向でもある
『ニュージーランドのガーデニングの魅力を伝える』という
プランと全然違う見え方のする撮影をしたのですから。

しかも、それは我々スタッフの独断で決行した事。
当然クライアントの了解などとっていない。

日本に戻ってからNGを出されたら
撮りなおしなんて不可能な話。



結果的に、とてもいい写真があがり
クライアントのOKもいただき
好評のうち『ニュージーランドの魅力を伝える』という
使命も果す事ができました。
おまけに福岡広告協会賞もいただき、
とても思い出深い仕事になったのでした。








せっかくパスポートも申請したことだし、

海外ロケの仕事、来ないかなぁ……







f0077493_21401930.jpg





みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-09-18 21:41

広告的に見る『美しい国、日本』

安倍総理が突然の辞任を表明し、
世間をあきれさせています。

わが郷土から輩出された総理大臣であり
しかしながら、なんとも情けない…が正直な気持です。

その安倍氏の掲げた政権構想のキャッチフレーズが
「美しい国、日本」。

日本特有の自然、文化、生活などの中にある美しさを守りつつ
未来のためにもっと、自信と誇りの持てる「美しい国、日本」を
創りあげていく、ということなんでしょうが、

このキャッチフレーズを広告的にみると

大企業がいかにも喜びそうな、お飾りのようなコトバ

だといえます。

きっとポスターになったりしたら、
燐とした女性(もしくは男性)の後ろ姿の向こうには
うっすらと、それはそれは美しい日本の風景があり、
たんなる観光ポスターにならないようしっかりと
写真のテイストは保たれており、ヴィジュアルのまん中に明朝体で
美しい国、日本 と上品にレイアウトされているのでしょう。


僕達の仕事の中でも、
「大企業がいかにも喜びそうな、お飾りのようなコトバ」が
コピーライターからあがってくる事があります。

なぜかというと

何を言っているかわからないが、
とりあえず、よそいきでさまになるフレーズを出しておけば、
企業にとっては突っ込みどころもなく
上司にもOKをもらいやすいから

…です。


ですが、その広告が企業にとって良いものかどうかは別の話です。


年金がもらえない。
突然高くなった所得税にヒィヒィ言っている。
社員になれないフリーターはネットカフェで一夜を過ごす。
ありえない殺人事件が後をたたない。
政治家の税金の無駄遣いや公務員の横領。


そんな、今の世の中で「美しい国、日本」なんて
コトバが届くわけがない。
















生活が第一。



民主党が打ち出した
スーパーのチラシにでも使われそうなキャッチフレーズ。

コピーライティング的には、何の技術も感じられない普通のコトバです。
けれども国民にとっては、生活の危機感から
そのものズバリを提示してくれた非常にわかりやすいコトバだったのです。
「カッコつけてる場合」ではなかったんです。

そこの判断をあやまった事が、
安倍氏の今の現況につながったのではと思います。
…というか、もともとその判断すらイメージできない人だった
のかも知れませんが。


「美しい国、日本」の行く末が
「自分じゃもう無理なんで辞めます」なんて



美しくもなんともない。





みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-09-14 20:32 | 気になったこと

あの佐賀北高校と…

f0077493_21493610.jpg
小雨の降り出した中、本日は
八女にある西日本短期大学付属高校にて
校報誌の表紙撮影。

表紙に登場してくれた生徒さんは
この夏の高校野球の予選にて
惜しくも負けてしまいましたが
延長14回の死闘を投げ抜いた3年生。

撮影中、話は夏の甲子園で優勝した佐賀北高校の事へ。

やはり同じ高校球児として、
予想外の優勝への驚きと嫉妬は隠せず
けれど、ポツリと一言。



























「練習試合では引き分けたんっすけどね…」








「おお凄げぇぇ!!!」

なんて、単純に驚いたのでした。







みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-09-13 21:51

創業社長

ある業種にて直営店舗経営をはじめ、
FC展開をされている
社長さんに御会いしました。

店舗のキャラクターデザインの提案のためで
代理店の担当の方と西区のはずれ「梅の花」で
ランチをいただきながらの打ち合わせでした。

アグレッシブな印象を受ける社長さんは
非常に物知りでありながら、
我々の話にも耳を傾けてくれるお方で
気付いたら3時間半に及ぶ打ち合わせに。

センスの良い創業社長は、
こちらの話や提案にもビビッ!と反応し、理解してくれる。

けっして『出入りの業者が何を言う』といった扱いはしない。

そして、よく勉強されている。



創業社長の端も端っこの僕にとっては
いろいろと学ぶ事の多い、
とても良い時間をすごす事ができました。




みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-09-12 09:39 | 仕事のこと

Welcome

本日より、わが社で社会勉強のための学生さんを
2週間ほど預かることになった。

初日から道に迷ったようで
遅刻ギリギリセーフといった感じでの登場だった。

面接時に「遅刻厳禁」と厳命しておいたので
汗ダクダク彼も必死だった。



初々しい事このうえない。



これから、仕事の打ち合わせに
あちこち引きずり回す事になるだろうが
自分の目でこの世界の現実を確かめてほしいものだ。

そのチャンスを得る事が
怠けず積極的に活動する学生さんの
アドバンテージになるのだ。




みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-09-10 09:38

早くもメリークリスマス。

わが社では、もうすでにクリスマスのツールの
仕事にとりかかっております。

そして先日、もう1件クリスマスのツールの
お仕事をいただきました。

毎年恒例です。ありがとうございます。







しかし、その前に秋は何処へ………






みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-09-08 16:29 | 仕事のこと

仕事の早い人

仕事に対する焦りには2種類ある。



1つ目は、目の前の仕事に追われる焦り。

もう1つは、仕事を全部片付けてしまって感じる焦り。



ほとんどの場合は前者である。
しかし、目の前の仕事に追われているばかりでは
新しい事を考えたり、生み出したりするヒマがない。

手元の仕事をやりきってしまい、
『やばい!やることがない!』という状態を
作ることが大事。

その焦りが新しい情報の収集や、思考を深めることや、
新しい仕事を創り出すという原動力になるのである。

目の前の仕事をこなすスピードを
いくら早くしたところで、本当の意味での
『仕事のスピード』は上がらない。



『仕事が早い人』とは、

仕事に忙殺されていない人の事を言うのである。






受け売りやけど…
と、教えてくれた人の話の受け売りです(≧∇≦)



今の自分の腹底にすっぽり入る教えでした。




みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-09-07 19:11 | 仕事のこと

パラパラまんが

はるか昔、小学生当時、
教科書の片隅に、パラパラまんがを描くことが
流行ったりしていました。

退屈な授業の合間にせっせと制作し
休み時間に友達に見せて楽しんでだり…
懐かしい思い出です。


それから、30年後。

この歳になって、
パラパラまんがを描くことになろうとは!!!


事の発端は、CSB(クリエータースケジュールブック)の中で
さりげなく展開されているパラパラまんがを見てから。

『次は僕にやらせてくださいよ』なんて事を
うっかり言ってしまったものだから…


すっかり、その事を忘れていた僕の元に
パラパラまんがの制作依頼がきてしまいました。



枚数にしてなんと110枚!!!


アニメーションは、1秒間に24コマ必要というから
約4秒半ぶん。



たった4秒半ぶんとはいえ110枚は大変だ!!!!


どうしよう…



パラパラまんがの行方が気になる方は
CSBの参加をおススメします。


みなさまのおかげで10周年ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2007-09-06 19:00