ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

<   2008年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

印刷物が届きました。

大分県にある『オートポリス』。

国際規格を有する本格的なレーシングコースを持つ
サーキットを運営する会社のパンフレットが
ようやく仕上がりました。

f0077493_2038526.jpg


オートポリスが誕生した頃、
F1レース開催も夢ではないと、大変盛り上がったものです。

当時乗っていたホンダのクラブマンというバイクで
友人とオートポリスに行った事を思い出しました。


僕の地元、下関市発行の『083』という情報誌。

変則的ながら特集ページ他のデザインをお手伝いさせて
いただきました。

f0077493_20444356.jpg


行政の発行するものとしては、
お堅くなく読みやすい内容に仕上がっていました。


最近なんだか編集モノの仕事が多いなぁ…




ホームページはこちら!!ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2008-04-03 20:30

シンボルマークの想い2

新しくつくった当社のシンボルマーク。

最初は頭文字の『G』をいろいろデザインしてみたり
したのですがどうもしっくりこない。

造形的に完成度が高い!と満足できても
なんだかそのマークが心に響いてこないのです。

そして奇をてらうつもりはまったくなかったのですが
考えて考えて一番ふさわしいと湧き出たものが『感嘆符』でした。


1997年3月
創業した当時、関係者にお送りしたDMの
キャッチフレーズの中にある『感嘆符』を、
現在の新しいマークとして起用した事実に気付いて
なんだかおもしろいなぁ…とひとり想うのでした。




f0077493_1238954.jpg





ホームページはこちら!!ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2008-04-02 12:25

シンボルマークの想い

過去の仕事の話です。

自動車販売会社のキャラクターデザイン制作を
小さな広告代理店より依頼されました。
いくつかのプランを提案したのですが、
その後、何の連絡もなく先方に問いかけても
プランの決定に至っていないとの事で仕事は進展しませんでした。

何週間かたったある日、
驚くべき光景を目にしました。

車で都市高速道路を走っていてふと目にしたもの。
それは、僕がデザインしたキャラクターの描かれた看板だったのです。

プランの提案後なんの音沙汰もないと思っていたら
ちゃっかりとキャラクターデザインを使用されていたのです。

しかも無断で!

それを見た僕は、当然のごとく広告代理店に抗議しました。

そのやりとりにおいて相当な精神的ダメージを負いながらも
結果的にこちらの請求していたデザイン料の40%しか回収できず
非常に悔しい思いをした事があります。

これは、かなり極端な例ですが、
デザインの仕事をしていると、

□プランの提案をさせるだけさせておいて後は、なしのつぶて

□デザインプランの修正に次ぐ修正、へとへとになりながらも
 気づいたら、知らないうちに印刷にまわされて納品されていた

□納品されるならまだしも、修正に次ぐ修正のあと仕事自体キャンセルされた

等々、いろいろとつらい仕事に出会ったりします。
これらのつらい仕事の共通点は、

『仕事(デザイン)をした事に対する対価がない』

という事です。
制作費をもらえなかった、という金銭的対価がないことは
とてもつらいのですが、それ以上につらいのは

『何も貢献していないのではないか?』と思ってしまうような
精神的対価が感じられない事です。

あるイベントの広告デザインを担当した仕事で
クライアントより手紙をいただいた事があります。

その手紙には、
『素敵なデザインをありがとうございました』
と書かれており、これには僕自身とても感動しました。

デザインの仕事は、冒頭に書いたようなイヤな事ばかりではなく
仕事にかかわった担当者から、またはクライアントから

『デザインをとても気にいってくれて喜ばれていたよ』
『今までと全然違ういいものができてよかったよ』
『広告の反応がたくさんあったよ』
『広告でいつもより○○名も集客が増えたよ』

という声をいただく事もあります。

これこそが、仕事をするうえでの一番の報酬だと思うのです。
デザインという仕事でお役にたてたという喜びを感じる瞬間なのです。

『そんな事あたりまえじゃないか!
皆、そういう喜びを求めて仕事をしているだぞ!』

と、思われるかも知れません。

けれども、10年もデザインの仕事を続けていると
仕事をいただくのが当たり前で、納品したらこちらも知らんぷり、
といった不遜な態度になっていたのは事実で、
深く反省しなければならない事はたくさんあります。

そのような気付きがいろいろとあり、
11年目を迎えるガットデザインは、まずはシンボルマークをつくることで
より気持ちをひきしめていかなければならないと考えました。


素晴らしい!良かった!やった!
助かった!素敵!なるほど!

ありがとう!

我々のつくるデザインを通じて多くの『!』を提供し
その対価として多くの『!』の気持をいただきたい。

大きな『!』ではなくても、例えば

細かい修正でもすぐに対応する。
近場であれば宅配便を利用するよりいち早く納品するために直接足を運ぶ。
良いプランであれば、3案までと決めつけず1案でも多く提案する。

などなど、小さな『!』を提供することは
いくらでもあるように思います。


『デザインで!を提供する』

これが、気持ちをひきしめる当社の新しいコンセプトワードです。


そしてシンボルマークは




f0077493_1754739.jpg





ロゴタイプは



f0077493_16591528.jpg


にいたしました。

『!』の呼び名は、
【感嘆符】【エクスクラメーションマーク】【ビックリマーク】
いろいろありますが、あえて言うならば【よかった】でしょうか。

感嘆=よくやったものだと感心すること。

ガットデザインに仕事を依頼してよかったと思われるよう
これからも日々努力していきたいと考えています。




ホームページはこちら!!ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2008-04-01 17:20