ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

<   2008年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

撮影、撮影

29日、30日と連日撮影ディレクションの仕事でした。

f0077493_8442296.jpg
f0077493_8444363.jpg


撮影ディレクションで何が一番大切か?

と聞かれるとすれば、



『適格な判断力と決断力』



と言えるのではないでしょうか?


現場でディレクターが、くよくよ悩んでいたり
撮影カットにOKを出す決断ができなかったら
仕事が進んでいきません。


共同作業ですから
円滑に仕事をすすめるための気づかいも
必要ですね。




ホームページはこちら!!ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2008-05-30 08:42 | 仕事のこと

超ハードスケジュール

朝7時30分出社   本日打ち合わせのためのデザイン最終の詰め作業

10時30分     某ホテルにてクライアントと打ち合わせ

12時00分     すぐに移動、違う某ホテルにてクライアントと打ち合わせ

13時30分     すぐに移動、会社にて某クライアントと打ち合わせ

15時30分     タクシーに飛び乗って移動、某クライアントにプレゼン

18時30分     帰社  デスクワーク続く…



本日は、超ハードでした…ありがとうございます。




ホームページはこちら!!ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2008-05-27 10:20 | 仕事のこと

催眠セラピー

あるビジネスセミナーで知り合った
催眠セラピストの話に興味を持ち
好奇心もあって、その『催眠療法』とやらを
体験してきました。





その結果は…


































どうやら僕は『催眠』にかからない体質だと
言う事がわかりました(笑)




ホームページはこちら!!ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2008-05-24 10:18

三角市場にて

西鉄薬院駅からホテルニューオータニに向かう道すがら、
『三角市場』という小さな飲食店が密集した場所があり、
その中にいつもお仕事を御一緒させていただいている
ライターのご主人が経営する『ちろり』という店があります。

夜、スタッフと仕事でお世話になっている方とで
その『ちろり』に初めて行ってきました。

f0077493_10165311.jpg
6席たらずの小さなお店でしたが
味よし雰囲気よし価格よしで
超おススメです。

ホントは隠れ家的にしておきたい店ですので
紹介したくないのですが(笑)
次月発行のエンジンにてご紹介します。
お楽しみに!




ホームページはこちら!!ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2008-05-23 10:15

アドメイシの威力

夕方よりビジネス交流会に参加してきました。
すでに交流会なるものに参加するのも3回目ということもあり
多少は慣れてきたように思います。

特許事務所の方やコーチングの方、
プロバスケットボールクラブの方など
普段会うことのないだろう方々との御挨拶や情報交換は
とても有意義です。

f0077493_10134469.jpg

交流会に参加して良かったことは
わが社でおススメしている『アドメイシ』の評判が
すこぶる良い事です。

名刺のくせにインパクトがあり情報も満載。
話のきっかけづくりもスムーズ。
相手にとって僕が何者かわかるはずもない交流会においては
とても心強い味方なのです。

…で、調子に乗って『アドメイシ』を配りまくっていると
交流会の後半には無くなってしまい、とはいえ名刺交換の儀式は
ひっきりなしにあるわけで、しかたなく通常使用している名刺を
使用する事にしました。

そんな状況の変化に、名刺交換時の気持にも
大きな変化があらわれました。



『戦場にて大砲を持って戦っていたのに
突然ピストルに持ちかえた』



…ような頼りなさを感じてしまうのです。

交流会で一度『アドメイシ』をつかってしまうと
普通の名刺は使えないという事に気付きます。



まだまだ少ないですが、
おかげさまで問い合わせもいただいたり
発注もいただいております。

ますます『アドメイシ』の普及活動に
がんばらねば!と思うのでした。

f0077493_10275079.jpg







ホームページはこちら!!ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2008-05-21 10:12 | 仕事のこと

やる気ある若者の面談

わが社にある若者から1本の電話が入った。

ガットデザインに入社を希望したいという内容だった。

すでに就職をしているだが、その会社は自分のしたいデザインと
方向性が違うとのことで転職を考えての電話だった。

以前、当社にインターンとして来た事のある人の情報と
ホームページ、ブログを見て若者なりに当社がなにか引っ掛かったらしい。

わが社は、今のところ求人はしておらず
ただ、若者の勇気ある電話に感心して会社に一度来るよう
お願いした。

会社の昼休みを利用してやってきた若者と面談したのだが
正直驚いた。最初は、社会経験の乏しい若者にありがちな

『とりあえず入社してみたけど自分に合わないからさっさとやめて転職』

といったパターンかなと思っていたが
そうではなく、かなり自分というものを持っていて
広告デザインという仕事に高いモチベーションを持っていた。

その証拠に、デザイナー志望でありながら、
コピーライター養成の某広告学校にて学び、
コピーライティングにて良い成績を残したという実績もあった。

ただし、それはデザイナーとしてのスキルをあげるための勉強で
あくまでも自分のしたい仕事にこだわりを持っていた。

現実は、自分の望むようにしたい事ができるわけでもないのだが

『自分のしたい事』

がわかっているのは素晴らしいと思った。

このような若者を受け入れる事ができるほどの会社に
していかなければいけない…

と、逆に尻を叩かれたような気がした。



ホームページはこちら!!ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2008-05-20 08:49

『!』な声

当社自慢の(笑)ロゴキットを納品した
コアマネジメントさんよりありがたい感想をいただく事ができました。

f0077493_8432482.jpg

手許にロゴマークが届きました。自分自身と自社の信念が
形となって出来上がったという興奮にも似た感動を感じています。
信念(意志)は活動を言葉ではなくロゴというシンボルで一瞬の情報で
相手に伝わることができるということは、非常にすばらしいことであり
私自身も目指していることです。ロゴに込められた思い、ストーリー、
これから私自身そしてコアマネジメントはより熱くよりcoolに進化していく
確信をいただけました。今日のデザイン心より感動し心より感謝いたします。



わが社の目的

デザインで『!』を提供する。

また一つ達成できたようでうれしい限りです。



ホームページはこちら!!ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2008-05-16 08:41

ああ〜(泣)

負けました

2位だったなんて…

1位でなければ意味はないんです。

もう何も言わないでください…



ホームページはこちら!!ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2008-05-15 12:44

人はつながっている。

コアマネジメントさんが主催するセミナーに参加して
きました。この会社の社長Oさんとのつながりは面白いもので

当社の顧問税理士さんのホームページを制作するにあたって
紹介されたシステム業Yさんの紹介で社長Oさんを紹介されて
顧問税理士さんと社長Oさんは、実は、昔の職場の先輩、後輩だった事
が判明して、なおかつ僕の弟の経営しているバーの常連さんだった
ことも判明して、なんだかんだでつながっていたのです。

f0077493_12424777.jpg

世間は狭いなあ、という事なのですが
この縁をきっかけにコアマネジメントさんの
新しい会社のロゴの制作の依頼をいただきました。

人はどこでつながるか予測はつきません。

人脈を大事にすべきというのは、
そのためなんですね。



ホームページはこちら!!ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2008-05-14 12:40

聞く事の大切さ

かのカルロス・ゴーン氏も言っていましたが
優秀な営業マンになるには、商談の席では聞き役に
徹するべきだそうで、こちらから喋る比率は互いの会話全体の
2割でよいそうです。あとの8割はお客様の要望、困った事を
聞き出す時間に費やし、聞き役に徹しお客様の問題を
解決できるための方法を相手の立場にたって真剣に考えてあげることで
信頼関係を築きあげる事ができ、
そこから、はじめて商談のステージにあがれるのだそうです。


最近、ある仕事でこんな事がありました。


パンフレット制作の仕事だったのですが
プレゼンの席で、当然のように企画意図を説明し、
ひととおりしゃべり終わった後、
担当の方はそのプランについて、自身の意見を主張されはじめました。

形あるものを目の前に提示された時に
そこから自分なりのアイデアが刺激され溢れてきたようで
このプランは弱いからこうしたらいい!こんなビジュアルはどうだ!と
その意見は、どんどんエスカレートしていき
どう考えても本来の目的意外の方向へ発展していくプランに
なっていくのです。

しかし僕は反論する事なくずっとその話に耳を
かたむけていました。

ひととおり、話を聞いたあとで
こちらが提案したプランを社内的に検討する時間を
持ってもらうようお願いし会社を後にしました。

その後何がおきたのか?

当初の状況とはうって変わり
提案したものを非常に気にいってもらえるという
結果になりました。

打ち合わせの場がプラン決定の絶対的な場ではなく
提案後の状況においていろいろな要因が発生し、
その結果、冷静なる判断をいただけたのでしょう。

もし、最初の打ち合わせの場で
専門家としてのこちらの意見を反論のようなカタチで
主張し続けたらどうなっていたでしょう?



ホームページはこちら!!ガットデザイン
[PR]
by gut-co_ltd | 2008-05-12 12:37 | 仕事のこと