人気ブログランキング |
ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

トレーニングの話  その2

僕は毎週3〜4回のペースでジムに通うようにしています。
仕事が忙しくても、なるべくこのペースを保つべく時間をつくります。
なぜなら、体を分割して鍛えているため1回2回とさぼってしまうと
サイクルが狂ってしまってどうにも気持が悪いのです。
『超回復』のタイミングを逃さない、といった
理由もあるのですが、まあ単純にトレが好きだから!なんです…
ちなみに僕のトレーニングサイクルは…

1日 胸・腕(三頭筋)の運動
2日 足・腕(二頭筋)の運動
3日 背中・肩の運動

といった具合に大きい筋肉の部位と小さい筋肉の部位を
セットにした三分割で行っています。
ですのでジム内での仲間のあいさつは『今日はどこ?』から始ったりします。
他の会員さんも皆そうですが、がむしゃらに重いものを
持ち上げているわけではなく、ちゃんと自分の目標と計画にそって
トレーニングをされています。

ウエイトトレーニングを趣味にしていると話すと必ず失笑されます。
『えっつー!じゃあどうするアイフルみたいなの〜?』とか
『中山きんにくん?』とか、笑いの方向で受け止められます。
およそわかってるんです。
ウエイトトレーニングと言ったとたんに
みなさんの頭の中は『ブーメランパンツはいて日焼けしたカラダに
油がテカテカに光っててキレてるキレてる!
といったかけ声のかかっている、笑顔がキモイ男』
でいっぱいになっているって事は…

たしかに、僕の通うジムにもコンテストに
好んで出場する方もいらっしゃいますし、
カガミを見てポーズとってる方もいらっしゃいます。
でもですよ、いちがいにウエイトトレーニングやってるからって、
みんながみんなムキムキのテカテカ になるわけではありません。
あれは、かなり過酷な減量をおこなって
なおかつ人の何倍ものトレーニングと厳しい食事制限をして、
はじめてできるカラダなのです。
勘違いしている人は、トレに誘ったりすると
『えー!ムキムキの筋肉マンになりたくな〜い』なんて
言いますが、どう転んでもどう間違っても、なりません。
野球をはじめた人が誰もがイチローになれるわけではないのです。

たしかにカラダは大きくなります。腕も太くなるし胸も厚くなります。
ただそうなるには、やはり努力あってのものなのです。
別に腕が太く胸が厚い人が偉いとかじゃなく、
笑いの対象としてウエイトトレーニングを見てほしくないのです。
ムキムキのテカテカに見てほしくないのです。


…と、ここまで書いて僕はある事に気付きました。








ムキムキのテカテカに見てほしくないって、
自分こそコンテストビルダーを変な目で見てるやん(汗)

f0077493_10143824.jpg










『まいったなぁ』とコーヒーならずプロテインを飲む……

↓プレオープンです。
ガットデザイン
by gut-co_ltd | 2006-03-04 10:09 | デザインのこと
<< 最悪の……シーズン開幕 学生さん、いらっしゃい! >>