人気ブログランキング |
ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

色のイロイロな影響

f0077493_10295812.jpg
f0077493_10302879.jpg約20年来のつきあいになる友人と
その他大勢で夜食事に行きました。
その友人がセッティングした店は、
美野島商店街というところに
ある『BINGO』というお店でした。
食事をする、または飲みにでかけるといえば、
警固・赤坂・大名・中洲で、
そんな場所が活動範囲の僕にとって
美野島は『え〜美野島!?』と驚くほどの未知の場所なのです。
ウーン、ボウリング場があるしか思いつかない…

で、行ってきました美野島。
到着時刻は8時すぎ。目指すべく店のある
美野島商店街という通りに連なる店々は
みごとにすべてシャッターが閉まっており、
まるでゴーストタウンチックな静けさ…。
そんな一画にひときわ異彩をはなっているお店が『BINGO』なのです。
僕の友人の友人の兄が経営しているというそのお店は、
過剰なほどのアジアンテイストで、しかもど派手!
店内のカベがすべて真っ赤!という有り様。
かなりインパクト大のお店です。
照明はかなり落とされていますので
真っ赤な店内はさほど気にならなかったのですが、
目がなれてくるにしたがってその赤が
強烈に神経につきささってくるのです。

ある報告によると、人間の五感のうち視覚が占める割合は
90%弱で、さらに視覚情報のうちの80%以上が
色の情報であるらしいです。(ちなみに味覚は1%程度だそうです)
ということは、人間が外界から受け取る情報のほとんどが、
色の情報ということになります。
我々は色によってその影響を大きく受けていることになります。

では、真っ赤な店内というのは、
僕達にどんな影響を与えたのでしょうか?
赤のイメージは、
情熱、闘争、熱中、愛情、歓喜、怒り、血、エネルギーなどで
心理的・生理的影響として交換神経を刺激し、
覚醒・興奮作用があり脈拍・呼吸数・血圧を上昇させる、
食欲を増進させる、攻撃的な気分を鼓舞する
疲労時にエネルギーを出させるなどがあるようです。

確かに友人はいつも以上にしゃべりたおし
興奮し酒もすすんでいたような…
僕といえば、3人前はあるであろう鍋を
ほぼ1人で3分の2は食してしまうほどの食欲…

もし、心理的・生理的影響を計算のうえでの
真っ赤な店づくりであるとすれば、
おそるべし『BINGO』!

ちなみにガットデザインのコーポレートカラーである黄色は
希望 、野心 、発展 、横暴快活 、明朗、 太陽、 栄光などをイメージさせ
脳細胞・自律神経を刺激・活性化させる生理的影響があるようです。









たしかに影響………してる???
by gut-co_ltd | 2006-03-24 10:29
<< ブログつながり ゾロ目の不思議 >>