人気ブログランキング |
ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

2006年 04月 04日 ( 1 )

悲報その後…

広告制作の仕事をしていて、うれしい事は
クライアントさんに
『いいものをつくってくれてありがとう』
『思ってもいないものができて満足です』
というような、お誉めの言葉をいただく時です。

そして、もっともうれしい事は
クライアントさんの業績がアップした時です。
広告はその企業なり商品なりの魅力を告知するという
作業にすぎず(とはいえ、いかに伝達するかという部分で
知恵をたくさん絞るのですが…)
いくら魅力的な広告をつくってお客さんを誘導できたとしても
当初のイメージとはかけ離れた劣悪な商品で、
指導不足の横柄な態度で接客をされたのであれば
業績を伸ばす事は期待できません。

昨日の話の続きになってしまいますが
僕が広告に携わったそのお店の商品力、そしてサービスに
対しての徹底ぶりは目をみはるものがありました。
担当されていたNさんの力のいれよう、そして
将来的ビジョンに触発され、
僕も負けじとディスカッションを重ね
視察にも同行し、
広告展開をお手伝いさせていただきました。
結果、うれしい事にNさんやその他関係者の方にも
広告に対してお誉めの言葉をいただき、
とても満足のいく仕事になりました。
お店もオープン後来客にてんてこまい。
順調なスタートをきったかに見えました。





けれども1周年を待たずに2月に閉店…



その事がとても腑に落ちなかった僕は、昨晩
東京出張からちょうど戻られた担当者Nさんをつかまえて
原因を追求すべく食事にお誘いしました。
担当者Nさんはつつみ隠さず事の顛末を話してくださいました。
苦渋に満ちたその話っぷり。
店の閉店という無念さはひしひしと伝わってきました。
そしてその結果に我慢できなかったNさんは
運営会社を退社されるそうです。

僕も無念でなりません。

そして本日、ロゴデザインやリーフレット等デザイン制作を
お手伝いさせていただいた別のお店がオープンします。

閉店するお店があり、開店するお店もある
皮肉な事です。

ただこれからも
クライアントさんによろこんでいただき
業績があがる事を前提に広告をつくっていく気持ちには
変わりありません。


ガットデザイン
by gut-co_ltd | 2006-04-04 14:12 | 仕事のこと