人気ブログランキング |
ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

2006年 04月 18日 ( 1 )

中国4000年の味

f0077493_109935.jpg
某社長さんと仕事後に、平尾2丁目にある
中華料理店『満福楼』というお店に
行って来ました。

ここは以前、大名にお店をかまえていらっしゃったのですが
オーナーが中国に戻られるということで
いったんお店をしめられて、
再度、平尾にお店を開店されました。

以前、大名のお店の時に上海蟹をいただき
とてもおいしかったのを覚えていまして、
某社長のお誘いに嬉々としてお共したのでした。

オーナーでありシェフでもある李さんは、
上海出身の見るからに料理の鉄人といった感じのお方です。

その李さんのおススメする
『刀削麺(とうしょうめん)』という
聞き慣れない料理をいただきました。

お話によると『刀削麺』は
中国山西省の少数民族にしか伝わらない秘伝の料理とか。
外部の人にはけっして教えないそのレシピを
李さんは断られても何度も足を運び、
その民族と仲良くなり伝授されたという
根性モノの料理なのです。

『刀削麺』というからには、
なにやら鋭利な中華麺らしきものを
想像してしまいますが、
読んで字のごとく特殊な包丁で麺を
かつお節を削るかのように
スライスして鍋にいれていくのです。

f0077493_10164734.jpg
↑特殊な包丁を持つオーナーシェフ李さん


f0077493_1019222.jpg
↑せっせと麺を削ってます

出来上がりは意外にも皿料理で、
具のない水餃子といった食感でした。
モチモチしててさすが中国4000年の味!!

f0077493_10213846.jpg
↑見た目『麺』じゃない!!

いろいろ料理をいただきながら、
僕の心の中は上海蟹でいっぱいだったのですが…

ふと李さんの一言

『シャンハイガニ10月になったらおいしいネ。
それまで楽しみネ』


『・・・・・・』




料理はとてもおいしく李さん謝謝!



当社ホームページ〈仕事履歴〉が拡大バージョン追加で見やすくなりました!

クリエーター・スケジュールBOOK掲載希望者募集!!
詳しくはコチラ

by gut-co_ltd | 2006-04-18 10:07