人気ブログランキング |
ブログトップ

ガッ!とやります。一代日記

gutdesign.exblog.jp

最悪の……シーズン開幕

f0077493_11273018.jpg写真は、新ユニフォームを着る
我がチームの若きエース秋根君と
僕デザインのチームロゴ


f0077493_11275770.jpgいよいよシーズンが開幕しました。
プロ野球の話ではなく、草野球の話なのですが…

僕は、『ダイヤモンドリーグ』という
合計8チームが凌ぎをけずる野球リーグに属するチームに
所属していまして、そのリーグ戦の開幕式が
先日行われたのです。草野球といえど、西日本新聞社杯といったかなり本格?的なリーグです。
わがチーム『リュウズ』は、ここ近年成績はふるいませんが、
13年度16年度と準優勝をしているなかなかのチーム。
これから10月末くらいまで、毎月2試合のペースで
熱きリーグ戦がくりひろげられます。
今期より今まで着用していたユニフォームを一新しまして
(チームロゴデザインは僕が制作しました)
僕もスパイクやバッティンググローブ、リストバンドなど新調し
今シーズンにかける意気ごみは、今までとは随分違っていたのでした。

開幕式の後に、第一試合としてわがチームが登場。
緊張の中で試合が始りましたが、事件は2回裏に起きました。

6番ライトで出場していた僕は
初打席でライト・センター間を抜くヒットを打ちました。
続くバッターのセンターレフト間を抜くヒットで
一気に一塁から三塁へ。
その時点で僕はすでに息があがってへろへろでした。
そして、次バッターの出塁で満塁となり、大量得点のチャンス。
三塁にいた僕は虎視眈々とホームを狙っていたのでした。
そしてバッターがセカンドゴロをうち、僕は全力でホームへ…
そのとたん…プチっと








右足ふくらはぎ肉離れ…… 


激痛で走れませんでした(泣)

実は、昨シーズンの後半に左足ふくらはぎの肉離れを
起こしてまして、今回で2度目。
まさにミスター肉離れ!
チームメイトのあたたかい言葉は、
『早いなぁぁ〜!』でした。
ようするに昨シーズンの事もあって故障するのが早すぎってことで、
たしかに初戦まだ2回裏ですから……情けない。
ボクシングでいうと2ラウンドでKOといったとこでしょうか…

早く次の試合に出場できるよう治療に専念します。
トレーニングも足の部位はひとまず休みです…




いいかげん  親離れしたらと  煽る自分は  肉離れ




↓プレオープンです。
ガットデザイン
# by gut-co_ltd | 2006-03-06 11:34 | 趣味のこと

トレーニングの話  その2

僕は毎週3〜4回のペースでジムに通うようにしています。
仕事が忙しくても、なるべくこのペースを保つべく時間をつくります。
なぜなら、体を分割して鍛えているため1回2回とさぼってしまうと
サイクルが狂ってしまってどうにも気持が悪いのです。
『超回復』のタイミングを逃さない、といった
理由もあるのですが、まあ単純にトレが好きだから!なんです…
ちなみに僕のトレーニングサイクルは…

1日 胸・腕(三頭筋)の運動
2日 足・腕(二頭筋)の運動
3日 背中・肩の運動

といった具合に大きい筋肉の部位と小さい筋肉の部位を
セットにした三分割で行っています。
ですのでジム内での仲間のあいさつは『今日はどこ?』から始ったりします。
他の会員さんも皆そうですが、がむしゃらに重いものを
持ち上げているわけではなく、ちゃんと自分の目標と計画にそって
トレーニングをされています。

ウエイトトレーニングを趣味にしていると話すと必ず失笑されます。
『えっつー!じゃあどうするアイフルみたいなの〜?』とか
『中山きんにくん?』とか、笑いの方向で受け止められます。
およそわかってるんです。
ウエイトトレーニングと言ったとたんに
みなさんの頭の中は『ブーメランパンツはいて日焼けしたカラダに
油がテカテカに光っててキレてるキレてる!
といったかけ声のかかっている、笑顔がキモイ男』
でいっぱいになっているって事は…

たしかに、僕の通うジムにもコンテストに
好んで出場する方もいらっしゃいますし、
カガミを見てポーズとってる方もいらっしゃいます。
でもですよ、いちがいにウエイトトレーニングやってるからって、
みんながみんなムキムキのテカテカ になるわけではありません。
あれは、かなり過酷な減量をおこなって
なおかつ人の何倍ものトレーニングと厳しい食事制限をして、
はじめてできるカラダなのです。
勘違いしている人は、トレに誘ったりすると
『えー!ムキムキの筋肉マンになりたくな〜い』なんて
言いますが、どう転んでもどう間違っても、なりません。
野球をはじめた人が誰もがイチローになれるわけではないのです。

たしかにカラダは大きくなります。腕も太くなるし胸も厚くなります。
ただそうなるには、やはり努力あってのものなのです。
別に腕が太く胸が厚い人が偉いとかじゃなく、
笑いの対象としてウエイトトレーニングを見てほしくないのです。
ムキムキのテカテカに見てほしくないのです。


…と、ここまで書いて僕はある事に気付きました。








ムキムキのテカテカに見てほしくないって、
自分こそコンテストビルダーを変な目で見てるやん(汗)

f0077493_10143824.jpg










『まいったなぁ』とコーヒーならずプロテインを飲む……

↓プレオープンです。
ガットデザイン
# by gut-co_ltd | 2006-03-04 10:09 | デザインのこと

学生さん、いらっしゃい!

本日、専門学校から、インターンシップという制度を利用して
学生さんが一名こられました。
春休みを利用して今日から2週間ほど当社で、
デザインの現場を勉強するというものです。
以前にも1ケ月ほど学生さんを迎え入れた事があるのですが
当社は、席があいている限り積極的に
インターンシップ制度に協力するという姿勢でいます。
それは給料なしで学生さんをコキつかうチャンス!
などという姑息な動機ではなく
(そもそも学生さんにはコキつかわれるほどの実力はございません)
長期の休みにアルバイトに精を出すのではなく、
自主的に社会勉強にはげみたいという思いでいらっしゃる学生さんに、
そんな熱い思いの受け皿として当社を利用していただきたいと
考えているからです。それは、当社にとっても
小さな事ながらひとつの社会貢献になり有意義な事だと思うのです。
学生さんには、まずは社会人としての基本的姿勢
(あいさつ・気配り・時間の大切さなど)を覚えていただき、
外部の取引先や知り合いの事務所を訪れたりと
いろいろ経験をしてみるというようなことを大きなテーマに指導しています。
ですので、むしろデザインについての技術的な指導などは後回し
といった感じです。なぜならいづれ就職するであろう学生さんたちは
デザイナーになる前に社会人になるのですから、
社会人として大切な事を覚えてもらったほうがその人のためになるからです。
短い期間でのデザインの勉強といってもたかが知れていますしね。

たまたまなのか、当社にこられる学生さんはほんとに一生懸命で真面目です。
いまどきの若いヤツは………マジメやんねぇ。と思ってしまいます。
新しい事を吸収しようとする、その真摯な姿勢を横目に僕は、
以前ブログでもふれた歯の治療の為に、歯医者にいってきました。
およそ一年ぶりの歯医者ですが、やっぱり苦手です。
はずれた銀歯をかぶせるだけだとたかをくくっていたのですが、
銀歯自体が損傷してまして新しく作る事に… 
ですので、もうとにかく土台の歯をけずりまくられました。
口の中であらゆる機器の爆音が鳴り響くのは気持ちいいものではありません。
『麻酔なしでけずりますけど痛かったら手をあげて合図してくださいね。』と
いわれ治療をしてもらったのですが

若干痛かったっす… 若干ビリビリきたっす… でも手を上げず我慢したっす…





そんな苦痛に我慢している僕は、
やっぱり社会人の前に人間なのだ!と思うのでした。

↓プレオープンです。
ガットデザイン
# by gut-co_ltd | 2006-03-03 18:16 | 仕事のこと

煙に巻く

ようするに交渉・用談などをうやむやに終わらせてしまう事です。

僕のたずさわっている広告の仕事では、提案するプランの細部について
適格な説明を要求されることが多々あります。
『なぜここは赤色なんですか?』
『なぜこのヴィジュアルなんですか?』
『このコピーは必要なんですか?』
『モデルが笑っていないわけは?』
といった、質問について、
『いや〜かっこいいと思いまして』
『なんとなくいいなと思って』
みたいな抽象的な説明をして、
『とりあえず時間もありませんので入稿して色校正で確認しましょう』
などと煙に巻いてしまってはいけません。
なぜ、そうなったのか。なぜ、そうあるべきなのかという理由を
適格に表現・説明できるコトバを持たなくては、
クライアントも納得できませんし、
制作物にたいして無責任であると思うのです。
しかしながらデザイナーは、理屈よりも感性といった趣きがあって、
制作したものに対してコトバで説明するのが苦手だったりします。
僕もその部類に属するのですが、その苦手意識を克服すべく
歌ってしゃべれるデザイナーのスキルを磨きたいと常々思っていましたが、
今だに説明をしていて自分がいったい何を話しているのか
自分でさえわからなくなってしまう事があります。
このあたりの技術向上は僕の大きなテーマでもあります。

本で読んだのですが、ある有名なコピーライターの
説明には唸ってしまいました。
※うろ覚えですので細部について正確ではないと思います。

『知性は顔にでるらしい。困ったね。』という
コピーに対して、『困ったね』のフレーズはいらないのでは?
『困ったね』の説明を求められたそうです。

(あとから思い付いた説明だと書いてましたが)
『困ったね』はエビフライのしっぽのようなもので、
しっぽは誰もが食べるわけでもないのについている。
だからといってしっぽをとってしまえば、
とたんにそのエビフライは
おいしそうに見えなくなる。だから必要なんです。

とうぜん『困ったね』の本質的意味の説明もあったのでしょうが
エビフライのたとえは、ついなるほどと思ってしまい
今だに印象に残っているのでした。

今日は仕事が終わって、いつもお世話になっている
代理店の方とライターの方とで
会社近くの『燻製屋』というお店にいってきました。
ここのお店は名前のとおりに
とり肉やビーフやサーモンなどの燻製をいただく事ができます。
玉子の燻製というものもあって驚きました




f0077493_1054334.jpgさてこのお店でほどよく酔った3人は、そのあと…











『燻製屋』だけにその後の足どりはに巻くということで…



↓プレオープンです。
ガットデザイン
# by gut-co_ltd | 2006-03-02 10:50 | 仕事のこと

何かをはじめてみる。

ここ最近、ホームページを開設したり
ブログをスタートしたりと新しい事をはじめています。
世間的にみたら、なんで今頃!というくらいの遅さなのですが、
自分自身でもその怠慢さにあきれてしまいます。
積極的に自己をアピールするのが苦手という
保守的な性格のせいでもあるのですが、
ブログなど実際にやってみると、これがオモシロイ。
なにげない一日の中にブログのネタを探すべく、
観察する目というか普段なにげなくスルーしてしまう物事にたいして
敏感になっているようです。
このブログを広く普及させるべく、mixiもはじめたのですから、
『おっさん、いったいどうしたの?』といった感じです。

昨年からはじめたことでまだつづいているのが禁煙。
今年の4月21日でまるまる1年になります。
かつて禁煙をはじめて最高1ヶ月という喫煙歴22年の
自分にとって今回の禁煙の期間は奇跡的です。
けれども今となってはまったくといっていいほど
禁断症状が現れません。『吸いたい〜!』と思わないのです。
では、なぜ禁煙に成功できたのか?
禁煙したいけれど挫折してしまう貴方に朗報です。
僕がたった一ヶ月で禁煙に成功した秘密は…











f0077493_16352066.jpgこのおかげなのです。
アフェリエイトでもなんでもありませんが、
宣伝どおりにキッパリやめる事ができました。
僕はたまたま聞いたラジオショッピングで購入したのですが、
ネットで見るとなんか安くなってる……(泣)
当時で9千円以上したのに……。
でも高い価格設定も禁煙を成功させる要因のひとつだと思います。
『高い金払って購入したのだから!!』と
なにがなんでも成功させる気持ちになります。
今は、はじめてよかったとホントに思っています。
試してみる価値はアリですよ。

何かをはじめる。

ついそれをはじめない理由を考えてしまう自分がいますが
いいわけを考えずスルっとやってみると違う世界が
見えてきたりします。

ビジネスの世界でもスルっといけばいいんですけどねぇ。
そうありたいと常々思います。

ただ、現在誘われていながらはじめられない事がありまして…


それは
こちらのジム仲間から道場の入門のお誘いです。





やっぱ僕には無理っすよ……



↓プレオープンです。
ガットデザイン
# by gut-co_ltd | 2006-03-01 16:37 | 仕事のこと

トレーニングの話 その1

僕は3年前から趣味のひとつとしてジムに通っています。
そのジムはウエイトトレーニング専門
会社帰りのOLたちが、色派手やかなウェアをまとって、
まるで果汁のような汗をながしながら、
艶っぽく額の汗をぬぐう…そのうなじを横目で見ながら、
その視線に罪の意識がちょっぴり芽生え
気をとりなおしてトレーニングにはげむ……
なんて事は、このジムではあり得ません。
聞こえてくるのは、うぐうあ〜!!あぁうぅあ〜!といった
活字で表現できないうめき声。
鉄の塊がこすれあう無機質な金属音。
科学兵器ではないかと思われるほどの酸っぱい匂い。
非常に男くさいジムです。
僕が入会した頃、
かつて健康食品『にんにく卵黄』のCMに登場されていた
筋肉ムキムキのおじいさんがいらしてて
トレーニングのレクチャーを受けた事があります。
なんでも、そのおじいさんは42歳からトレーニングを
始められたそうで、60歳をこえても当時であのカラダでしたので
驚きです。『僕は2年でこの足をつくったんだよ』
トレパンをめくりムキッと足を見せられた時には、
リアクションに困ってしまいました(汗)
今は体調を崩されて退会されているようですが
年をとってからもトレーニングを続ければ肉体は発達する
よいお手本のような方でした。
f0077493_22112547.jpg

トレーニングの事を語ると
いろいろ長くなってしまいますが
まだまだ語りたい事はたくさんあるので、
勝手にシリーズ化
していろいろお伝えしたいと思います。
お楽しみに!
(楽しんでくれる人はいるのだろうか?)

写真は、ボロボロになった皮のトレーニング用グローブ



ガットデザイン
# by gut-co_ltd | 2006-02-28 22:15 | デザインのこと

監督兼選手

早いですね。2月は逃げるといいますが、
本当に逃げるように月末になりました。
明日で2月は終わりますが、3月もあっという間に
去っていくのでしょう。
月末になると事務的な仕事が多くなります。
外注先への支払い、給料の支払い、所得税の支払い、
請求書の発行など…… 僕は経理担当も担っていますので、
さまざまな経理作業をこなす事になります。
これぞ零細企業の醍醐味ともいえますが、
本心は誰かにまかせたい…
僕はデザインの事だけ考えたい… 
誰か社長になってぇ…なんて
弱音を吐いてしまいます。でも、経営者として
しっかりと数字管理をしていかなければ、
デザインすらできなくなってしまう状況になります。
プレーイングマネージャーとして経営とデザインを両立すべく
今までがんばってきました。もちろんプレーヤーとしての
スタッフの活躍に助けられているのは言うまでもありません。


だからか、今期より監督兼選手として活躍するであろう
古田監督には目が離せません。
ヤクルトスワローズのファンではありませんが、
古田監督は応援したいですね。

プレーイングマネージャーとして働いている僕にとって
今はまっているのが『焙煎沖縄黒糖飴』です。
f0077493_1681310.jpgデスクワークを続けていると、
どうしても口さびしくなって
ついつい舐めてしまいます。
しかもその食べ方がハンパでは
ない!舐めては食べ舐めては食べの大人食い!
1日に1パック見事に空にしてしまいます。
スナック菓子ならまだしも飴ですからねぇ…
最近は2パックまとめ買いするようになり
かなりのハマリ度なのです。



…で、事件は起きました。







今日、奥歯にはめている銀歯がとれました…

コクのある黒糖飴なので歯にくっついてしまったのです。

これで歯医者への通院決定!

選手として「口の中の違和感が… 通院させてもらいます」
監督として「自己管理がなっとらん!どあほ!」

通院することで一番迷惑なのは、スタッフですよね…ゴメンナサイ。

ガットデザイン
# by gut-co_ltd | 2006-02-27 16:11 | 仕事のこと

ざうおにて

ざうお天神店にいってきました。
テレビで紹介されていたので知ってはいましたが、
実際に釣船を見たのは初めてでなかなかの迫力でした。
f0077493_13123475.jpg

f0077493_1314516.jpg
…で通された個室は窓の側面が、
水族館のようにガラス張りになっており
生け簀に泳いでいる魚を見る事ができ
とても楽しいつくりになっていました。
このように大掛かりなパフォーマンスを売りにしているお店というのは、
案外サービス面において手抜きがあったりしそうなものです。
なかなか店員がオーダーを取りにこない→注文しても来るのが遅い
→追加注文しようと思ってもまたまた店員が来ない→注文したがこない料理がある
などなど、どっかのお店で経験した事はありませんか?

でも、ざうお天神店は違ってましたねぇ。
上記にあげた不満の全部逆でした。
すぐ注文をとりにきて、さっと料理がでてきて店員さんも
愛想よく気軽に話しかけてくる。
料理もおいしかったし、満足でした。

派手な設備はたんなるキャッチでしかなく、きっちりとしたサービスが
また来てみたい、誰かに紹介してみたいといったリピートを
うむんですね。そこをちゃんとされている、
ざうお天神店には感心してしまいました。

あなたのまわりにいませんか?
見た目はすっごい派手できれいなんだけど
話すとまったく愛想のない人……

ガットデザイン
# by gut-co_ltd | 2006-02-26 13:06

主張するマスク

花粉症のせいで今の僕にはマスクが手放せません。
昨日の仕事の打ち合わせで、某代理店の営業の方もマスクを
されていました。当然僕もマスクをしていたのですが、
はたから見るとマスクをした2人は
会議に似つかわしくなかったのではと思いました。
無表情なマスクは、私病気なんです!と
雄弁に語ってはくれるのですが、どうにも重々しい。
そこで、こんなマスクがあったら!と
サクっとデザインしちゃいました。


ニッポンがんばれ!花粉症のお前ががんばれ!
f0077493_1419187.jpg

修正がいっぱいあっても、いつも笑顔で打ち合わせ
f0077493_14205752.jpg

何か言いたい事でも?しゃべるのが苦手な内向的なあなたに!
f0077493_1422239.jpg

羊たちの沈黙… 打ち合わせでも沈黙…
f0077493_1424881.jpg

お黙り! マスクは口元ほどにものを言い…
f0077493_14251032.jpg



マスク製造会社の方、どうですかねぇ。つくっていただけませんか?






僕は、普通のマスクで十分ですが…

ガットデザイン
# by gut-co_ltd | 2006-02-25 14:36

40歳の壁

f0077493_15581137.jpg花粉きてますね。街でちらほらマスクをしている人を見かけるようになったかな?と思っている矢先に僕にもきてしまいました。
(キャシャーンはいいなぁ、カッコイイマスクで花粉防止)

昨日のブログでもふれましたが、誕生日をむかえ40歳になってしまいました。
これがけっこう重たいのです。30歳を迎える時もそうでしたが、
僕は年齢の節目節目にいろいろ深く考えてしまうクセがあるようです。
確かに30歳を迎える時はアセってました。会社勤務でしたので、
とにかくこのままじゃダメだと。じゃあ、どうすんだ!なにかをやらなきゃと
悩みまくってましたが結果31歳で退社し独立するという道を選びました。
決心し行動をおこすのに約1年かかったわけですが、
独立を決心したのは、やはり30歳という年齢が引き金だった事は、
間違いありません。かのロックスター永ちゃんも、
20代にがんばったヤツしか30歳のチケットを手にいれられない…
みたいな事をおっしゃってまして、
20代にがんばったかどうかは別にして、
僕は31歳で独立というチケットを手にしたのでした。
で、40歳のチケットってどんなの…?と考えてしまうと
冒頭に書いたように重いのです。どう重たいのか…って、
30歳の壁はよかったんですよ。それを乗り越えれば希望があふれてましたから。
失敗するかもという不安ももちろんありましたが、
不安さえも乗り越える若さと元気がありました。
そして己を知らない無意味な自信もありました。
40歳の壁を前にして、30歳の時見た壁の向こう側の景色と
あきらかに違う事を知ったのです。
そして壁を乗り越えるべく自分自信も変わっていました。

40歳の壁を前に悶々と考え悩んでいましたが、ひとつわかった事があります。
この業界に足を踏み入れて20年、独立して9年、
今までやってこれたのは、本当に奇跡なんですよ。
今迄当たり前のように仕事があって、当たり前のように収入があってと
生きてきましたが、実は、当たり前じゃなかったんですね。
まわりの人たちに助けられ、生かされてここまできている。
なぜこのように思ったかというと
この年になっていろいろ痛い事を経験したからなんです。
でも、恥ずかしながらこの9年そんな事を考えた事ありませんでした。

感謝の気持ちと思いやる気持ちをもち、
態度に表す事こそが40歳のチケットではないか?

いい年して花粉症で幼児なみに鼻水をたらしながら、そんな事を思うのでした。

こちらの40歳は燃えています。

ガットデザイン
# by gut-co_ltd | 2006-02-24 16:07